(NHK連続テレビ小説)『おちょやん』は毎朝見ています。このあいだ、前半の総集編をやっていて。それを見ていたんですけど、めちゃくちゃ泣きましたね(笑)。ピンポイントでこのシーンがというのではなくて、何度も。もう、泣いちゃうポイントばっかりですよ(笑)」

連続テレビ『おちょやん』(NHK総合)のオープニングで『泣き笑いのエピソード』が流れる

 そう告白してくれた秦基博。『おちょやん』の主題歌『泣き笑いのエピソード』は彼が作詞・作曲し歌っている。

 この新曲を含め、'15年以降に発表した代表曲と、これまでのカップリング曲、アルバム収録曲、提供曲のなかからリクエスト投票で選ばれた10位までの楽曲が収録されている弾き語りベストアルバム第2弾『evergreen2』をリリース。弾き語りは、秦の音楽スタイルの原点。

「デビュー15周年という節目のタイミングで活動を振り返ったり、まとめるのに“弾き語り”がいいんじゃないかというのは、わりと自然に考えが結びつきました。改めて、歌声やメロディー、歌詞にフォーカスして聴いてもらうにあたって、いい形なんじゃないかと思ったんです。ギターでの弾き語りは、僕自身が音楽を始めた形でもありますし、自分の感情といちばん直結しやすい楽器がギターなんです」

『ひまわりの約束』のプレッシャーはない

 中学生で兄のギターを弾くようになり、すぐにオリジナル曲を書き始めた。大学入学前の春休みに友達の紹介で弾き語りイベントに出演。そこから本格的に音楽の道を志し、'06年11月にメジャーデビューを飾った。

 “鋼と硝子でできた”とたとえられる唯一無二の声を武器のひとつに数々の名曲を生み出してきた。CMソング、ドラマや映画の主題歌と、この15年で彼の声を聴かない日はなかったのではないかと思うほど。代表曲のひとつをあげるとすると、映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌でもあり、国を越えて愛されている『ひまわりの約束』。

「僕自身には『ひまわりの約束』を越えなくちゃいけないというプレッシャーはなくて。あの曲に込められるものは、全部入れたので、また同じような曲を書こうとはならないですし。常に新しい表現を探していて、その先に聴いてくださる方がたくさんいて、受け入れてもらえたらいいなという感じです」