テレビでの妊娠報告も「無神経すぎる!

 2位にランクインしたのは、ベッキー。'16年1月、人気ロックバンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音との不倫が報じられた。優等生のイメージが強かった彼女に対する反響は大きく、

「明るく、善人のように振る舞っていたクセに、不倫していたとはけしからん!」(69歳)

「見た目が清純そうなだけに気持ちが悪かった」(55歳)

 と辛辣な声があふれた。3月14日放送の『行列ができる法律相談所』(日本テレビ系)で、ベッキーは第2子妊娠をにこやかに報告したものの、

「他人の家庭を壊しておいて、よくテレビで報告できるよね。無神経すぎる!」(42歳)

「元気なベッキーはもう見たくない」(65歳)

 と批判がおさまらない。ここまでイメージを悪化させた原因は、謝罪会見での発言がのちにウソだとバレたから。

直撃取材に答える川谷絵音('16年)
すべての写真を見る

「ベッキーが会見で“ふたりは友人関係”と説明した1週間後に、不倫を報じた『週刊文春』が続報で彼女と川谷さんのLINEでのトーク画面を掲載。そこには《友達で押し通す予定!笑》《逆に堂々とできるきっかけになるかも》というやりとりがありました」(前出・スポーツ紙記者)

 この一件を思い出す人が多いようで、

「最近、バラエティー番組に出始めているけど、目が笑っていない」(56歳)

「どうしても裏でほくそ笑んでいる彼女のイメージがぬぐい去れない」(42歳)

 もはやギャップの払拭は不可能。ダーク・ベッキーとして性格の悪さを売りにしていくのもアリ!?