かつて注目を集めた有名人に「あの騒動の真っ最中、何を思っていたか?」を語ってもらうインタビュー。当事者だから見えた景色、聞こえた声、当時は言えなかった本音とは? 『C.C.ガールズ』初代メンバーだった原田徳子(51)。バブル末期に現れたセクシーグループの正体と、同期だったSMAPの忘れられない“事件”とは――。

C.C.ガールズ初代メンバーが語る秘話

 C.C.ガールズがデビューしたのは'91年。原田徳子はアダルトな“セクシーガールズユニット”のメンバーとして芸能活動をスタートした。

「“第1回日本美人大賞”の上位入賞者4人で結成されました。オスカープロモーションが『国民的美少女コンテスト』の“大人版”として開催したんです」

 原田は子どものころから歌手志望で、松田聖子や中森明菜に憧れていた。18歳でコミック誌のミスコン準グランプリとなり、スカウトされて石川県から上京する。

「まさか自分が“セクシーイメージのグループ”に入るとは思いませんでしたね。それまでは人の前で水着になるなんて体育の授業だけでしたから(笑)。ただ、後から出てきたグループに比べると露出は少なめでしたし、4人でよく“セクシーって誰のこと?”って言ってたんです(笑)」

 健康美という印象が強かった。特に原田は根っからのスポーツ少女だったという。

「地元の石川県七尾市では小学校から高校までソフトボールをやっていて、ぼんやりですがオリンピック出場を夢見ていました。高校では県大会で優勝して、県の強化選手に選ばれたことも。でも、どうしても歌手になりたい気持ちのほうが強くて」

 C.C.ガールズになってからも行動は体育会系。

「どちらかというと“色気より食い気”でしたね。地方でコンサートや収録が終わると、とにかく食べに行っていました。各地のおいしいものはすべて把握。新幹線のどこのホームにおいしいお弁当があるか、とか。激しいステージをこなしていたから、たくさん食べても大きく太ることはなかったんですね

 デビューした年が同じだったSMAPとは仕事で一緒になることも多かった。

「大阪でのテレビ収録の帰りが偶然にも同じ新幹線で、そこにSMAPのファンも乗ってきたことがありました。私がメンバーと一緒にトイレに行ったとき、ドアの横に女の子たちが立っていて“すみません、コレを木村君に渡してくれますか?”って、すごく丁寧に頼まれたので“いいですよ”って、ごく普通な気持ちで引き受けたんです。

 そのことを知った木村君が、ダダダーッとファンのほうへ駆け寄って“お前らさ、なにCCさんにそんなこと頼んでんだよ! 失礼だろ!”って、すごい剣幕で怒鳴りつけたんです。“わわーっ!”って驚きましたが“私たちなら大丈夫、気にしないで、私たちが引き受けたのだから……”と、なぜかとっても記憶に残っている出来事です」

C.C.ガールズが『D.D.GAPS』という別名義でデビューした'91年に6人組のSMAPもデビュー