『ごごナマ』が終わった。NHK総合で2017年4月から平日昼に放送されてきた生バラエティーだ。

 司会は船越英一郎(60)。スタート時は3時間番組だったが、昨年の9月末からは75分番組に縮小。その変化が示すように、ヒットした番組とは言いにくい。

沈黙貫いた船越英一郎

 だが、大いに注目された時期もあった。スタートから3か月後、船越の離婚騒動が勃発。'01年に結婚した妻・松居一代との対立が明るみになった。松居はユーチューブをフル活用して船越の不倫などを告発。船越サイドは不倫を完全否定したうえで、妻によるDVなどを挙げて反論した。

 ただ、この番組ではノーコメント。裏のワイドショーでは嵐のような騒ぎなのに、船越本人は何事もなかったように笑顔で番組を進行。ここだけが台風の目に入ったかのようなギャップが生じていた。

 また、9月にドラマの記者会見で妻との騒動について聞かれたときも、

悪くても感謝ですね。それに尽きます

 と回答。この「悪くても感謝」というのは座右の銘で、こんな理由からだという。

世の中にはいろんなことが起きます。素敵なこともあればとんでもない悪いことも起きます。(略)いろんなことが起きて、それをひとつ乗り越えると、乗り越える前よりも素敵な自分や強くなった自分がいて

 それゆえ、たとえお金を落としたときでも感謝するとして、

「今日1万円落としたら、絶対に落とすまいと思って、100万円のお財布を落とさないですむかもしれませんからね」

 と、説明した。

 しかし、松居は逆に最後まで好戦的だった。12月に離婚が成立すると、

人生の大掃除ができた。(船越は)無関係な人。大っ嫌いです

 と、一刀両断。便利グッズの『マツイ棒』で一発当てた人らしく、得意の掃除ネタを絡ませたわけだ。

松居一代