「3月中旬、眞子さまが学習院女子高等科から国際基督教大学まで一緒だったご友人の結婚式が開かれました。

 当日出席した同級生からは“まこしー(眞子さまの愛称)も来るのでは”と期待されましたが結局、最後までお姿を現すことはありませんでした。

 なんでも“小室圭さんとの問題で揺れているまこしーには声をかけづらい”と、新婦の気遣いで招待しなかったそうで……」(眞子さまの知人)

 どうやら、最近の眞子さまは“アンタッチャブル”な存在になっているようだ。

「今はなかなか外出できない眞子さまは、お住まいからオンラインで仲のいいご友人たちとお話しする機会があり、毎回楽しみにされています。

 ただ、そのご交流の中でも“結婚の話題に触れてはいけない”という雰囲気があり、友人たちもそうとう気を遣っていると聞きました」(同・眞子さまの知人)

 国民からの反対も多いため、眞子さまの周囲も接し方に苦慮するのは当然だろう。

 それでも、小室さんとの結婚を目指して突き進む眞子さまは3月26日、皇居で行われた『歌会始の儀』にご出席。

秋篠宮さまと宮内庁長官から借金問題に対する対応を求められるも今のところ動きはない小室圭さん