「被害にあった誰もがそうだと思うんですけど、まさか自分が騙されるとは思わなくて……」

 そう話すのは、外国人と思われる男性に1500万円以上も騙し取られた大林千絵さん(30代、仮名)だ。

話し相手が欲しくて出会い系アプリを利用

 大林さんが被害にあったのは、“国際ロマンス詐欺”という特殊詐欺のひとつ。出会い系アプリなどで知り合った海外にいる外国人男性が、女性の恋愛感情や親切心につけこんで金銭を詐取するというもの。新型コロナウイルスが蔓延し、出会い系アプリを利用する人が増えているというが、こんな落とし穴が……。

「長いことアメリカで観光業の仕事に従事していたのですが、事故で寝たきりになった母に会いやすいように、日本への異動を申し出て2020年1月に帰国しました。地元は東京なのですが、地方都市に配属されたこともあり、慣れない土地で近くに知り合いがいない寂しさから、話し相手が欲しくて出会い系アプリを利用したんです」

 ちょっとした心のスキマを埋めようと始めた出会い系アプリが、彼女を地獄へ引きずり込むキッカケに……。

日本人と中国人のハーフという男性とメールでのやり取りが始まりました。彼は“マイケル・ケンタロウ・チェン”と名乗るアメリカ人で、今はクウェートの国営石油会社と契約して、採掘作業の現場監督をしていると言っていました。10月に最初のメッセージが届いて、11月にはLINEのような無料通信アプリで直接メッセージのやりとりをするようになったんです。当初は“どこに住んでいるの?”“食べ物は何が好き?”といった、本当に普通の会話をしていただけでした」

 思いを寄せるキッカケとなったのが、家族の話だった。

実父と母は私が小さいころに離婚していますし、母は私が日本に帰ってきて3か月後の昨年の4月に亡くなりました。浮気もすればギャンブルもする奔放な母で、そんな母を一時は憎んだこともありましたが、やっぱり母が好きで、亡くなったときは悲しかった……。彼も父親を事故で、母親をガンで亡くしたと話していて、私の気持ちに寄り添ってくれたんです。そんな彼に、恋心を抱くようになりました

出会った当初は男から甘い言葉が囁かれて……

 少しずつ気持ちを寄せ始め、やり取りも頻繁になっていった。

「コロナをキッカケに海外ではアジア人に対する“ヘイトクライム”がひどい状態なんです。私も海外で働いていたので、少なからず差別を経験しました。彼もアジア系のハーフで差別を受けているとのことで“もう疲れた、日本に行きたい”と話していました。私よりも大変な境遇なのに、世界各地で仕事をして頑張って、すごいなって……リスペクトしていました