《比例で押し込まれるなんて裏口入学と一緒!》

《国会議員は売れなくなったタレントの再就職先ではない!》

 元タレントの森下千里(39)が次期衆院選で宮城5区自民党枠からの出馬を目指していることが発表された。これに対してネット上では冒頭のような非難の声が。

タレント議員がありがたがられていたのは昔の話

 10月21日に衆議院議員の任期が満了となり、今年は必ず衆議院選挙が行われる政治決戦の年。

「東京五輪後と予想されていて、この春から各党は候補者の調整に入っています。

 そもそも名古屋市出身の彼女がなぜ宮城県石巻市の選挙区なのか。

 タレント候補が歓迎される時代はとうに終わったのに、国会議員のおじさんたちはいまだに女性タレントに鼻の下を伸ばしているっていうわけです。そういういやらしい思惑が透けて見えるからなおさら嫌われるんだと思います

自民党から出馬を予定している森下千里。'19年に引退したがルックスは健在

 と、全国紙政治部記者が解説する。

 タレント議員がありがたがられていたのははるか昔の話。'19年に行われた参議院選挙で出馬したタレント候補は元F1ドライバーの山本左近、元モーニング娘。の市井紗耶香、アカペラグループ『RAG FAIR』の奥村まさよし、漫才師のおしどりマコなど名前を聞いてもイマイチ、ピンとこない微妙なタレントは軒並み落選。立憲民主党から比例代表で出馬した須藤元気がかろうじて当選という苦い結果に。タレント議員が歓迎されないことにそろそろ気づいてほしいものだが……。

 そこで週刊女性は嫌いなタレント議員は誰か、1000人の女性を対象にアンケート。次期衆院選の公示日までに各党の幹事長に読んでもらいたいものです!

政治家になってしたことといえば不倫だけ

「政治の勉強どころか漢字もロクに読めない人間を税金で食わせることに怒りを感じます」(37歳・会社員)、「あの方が政治家になってしたことといえば市議との不倫だけじゃないですか? 公私混同もはなはだしい」(52歳・主婦)、「不倫相手の家庭を壊して再婚報道も出てましたけど、人としてどうかと思います。タレントならまだしも国会議員としていちゃいけない人」(49歳・パート)、「昔ファンだったから残念です。学歴がなくても彼女のように小学生のときから大人として働いていたら彼女にしか見えない景色があったと思うし、ただの数合わせの客寄せパンダになっているのが悲しい」(33歳・主婦)

 圧倒的な票を得たのは元SPEEDの今井絵理子参院議員(37・自民党)。

 13歳のときにSPEEDのメインボーカルとしてデビュー。ヒット曲を連発するもグループ内での人気は島袋寛子、上原多香子には及ばず'00年にグループが解散してからは'04年に同業者とのデキ婚、3年後に離婚で話題に。'08年に長男の感音性難聴を告白するなど、波瀾万丈な芸能生活だった。