女性で史上初の「究極のサマディ(悟り)」に達したインド政府公認のシッダーマスター=ヒマラヤ大聖者、ヨグマタ相川圭子さん。ヒマラヤ秘境での厳しい修行を越え、究極の真理を悟ったヨグマタ=宇宙の母さんに、読者の悩みを相談。辛酸なめ子さんが感性あふれるイラストとともに、解決へと導きます。

*今週のお悩み

 現在、私と長男夫婦の3人暮らしなのですが、その長男のことでご相談します。勤めている市役所を退職し、趣味の珈琲焙煎で独立を考えているようです。嫁は長男と同じ市役所勤め。独立については不安のようですが、賛成の立場をとるそうです。私の本心としては、親戚や近所の目もあり、長男には定年まで市役所勤めを果たし、安定した人生を送ってほしいと考えています。どう対処すべきでしょうか。(63歳・主婦/長野県)

見守ることも大切な愛情表現

 相談者はこれまで息子さんにいい教育を与えて、いい仕事、つまり安定した将来に導けるよう努力を続けてきたのだと思います。よく頑張りましたね。確かに公務員は安定した職業です。あなたが思い描いた息子さんの将来そのものだったのでしょう。

 でも、もしかすると、息子さんは日々同じ仕事をすることがつまらなかったのかもしれません。自分の中にあるクリエイティブな面をもっと尊重できる仕事に就きたいと思ったのではないでしょうか。

 とはいえ、趣味ならともかく、珈琲のプロとしてやっていけるのだろうか、というあなたの心配もわかります。

 息子さんの中に私利私欲ではなく、自分の珈琲の味を多くの人に楽しんでもらいたいという確固たる愛ある意志を感じる場合に限り、大丈夫。応援してあげてもいいと思います。積極的な応援が無理なら、見守ってあげるだけで息子さんは心強いでしょう。

 もちろん、お勤めの市役所でも独自のさまざまな発想で市役所の波動をよくするとか、市民のために無限のパワーを発することは可能です。

 もしもそれができる人なら、職替えをして、珈琲の焙煎をしても成功できます。何事も自分を信じる力、人間関係をよくする力、新しいものを開発する力など、内側から発するパワーのあるなしが成功と失敗の鍵になります。

 もうひとつ大切なのは、あなた自身が変わること。

 息子さんに自分の理想を押しつけるのではなく、息子さんの考えを理解することが大事です。母親の意見が強すぎると、子どもは疲弊して、エネルギーを消耗します。

 もう少し、息子さんと距離を置いて。あなたが息子さんに与えるエネルギーは、周りや息子さんをコントロールするエネルギーに変わっている気がします。それでは愛は伝わりません。ワインだって、味噌だって、熟成する日を静かに見守ります。美味しいものをつくるには熟成が必要。

 本当の愛は無償です。見返りを求めない愛ね。無償の愛を与えるためには、あなたが自分を愛して、周りの人を尊敬して、調和のとれた人になっていく必要があります。それができれば、息子さんの見え方が変わってくると思いますよ。

ヨグマタ相川圭子さん 撮影/矢島泰輔

ヨグマタ相川圭子さん……世界にたった2人しかいないヒマラヤ大聖者。女性史上初「究極のサマディ(悟り)」に達した日本人女性で、仏教やキリスト教の源流である5千年の伝統をもつヒマラヤ秘教の正統な継承者。2016年6月・10月、2017年5月に国連本部に主賓として招かれ平和のスピーチを行う。インドを中心にチャリティー活動を行うとともに、日本をはじめ世界各国を回り、真の生き方と瞑想の指導を行っている。著書は累計90万部。飾らないおしゃべりが人気のインターFM897「ヒマラヤンVOICE〜聞く瞑想タイム〜」も好評レギュラー出演中。
●LINEアカウント:https://bit.ly/2NCg265

辛酸なめ子……東京都生まれ。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短大卒。漫画家・コラムニストとして活躍。『渡る世間は罠だらけ』など著書多数。最新刊に『女子校礼讃』(中央公論新社)。Twitter:godblessnameko

《構成/池野佐和子》