女性アイドルは、半世紀以上にわたって日本の音楽シーンに君臨してきた。もはや立派なジャパニーズカルチャーのひとつだと言えるだろう。

 天地真理、花の中三トリオ、キャンディーズ、松田聖子、中森明菜、おニャン子クラブ、モーニング娘。、AKB48グループ……。歴史を追いながら画像をパラパラっと見ていると、ある共通点に気づいた。そう、ほとんどのアイドルに前髪がある(前髪を下ろしている・作っている)のだ。もしや額に「第3の眼」でもあるのか。というほどの“前髪率”なのである。

 彼女たちには、なぜ前髪があるのか。今回は「日本のアイドルが前髪を作る理由」について、元地下アイドルと美容師にインタビューしつつ調査してみた。

日本では「キュート系がモテる」!?

 最近こそK-POPブームのあおりを受けてか、髪をアップにしているアイドルも増えたが、少なくともキャンディーズからAKB48グループに至るまで、アイドルに前髪はつきものだ。その代表格として、乃木坂46などの宣材写真をみてほしい。すさまじいほどの前髪率だ。

乃木坂46のプロフィール写真(※乃木坂46公式ホームページから引用)

 比較対象としてアイドルではないE-Girlsの宣材写真を確認すると、半数以上はおでこを出している。

E-girlsのメンバー(※E-girlsの公式ホームページから引用)

 では、韓国のアイドルはどうなのか。TWICEの韓国版の公式ホームページを見ると、そのほとんどに前髪がない。

TWICEのメンバー(※TWICEの公式ホームページから引用)

 なぜ日本のアイドルは、前髪があるスタイルがスタンダードになったのだろう。餅は餅屋、ということで、元アイドルのアヤさん(仮名)に話を聞いた。彼女は19歳から22歳まで、“アキバ”こと秋葉原や池袋の地下で歌ったり踊ったり、ファンと握手をしたりしていた。しかし、「根が暗すぎて笑顔を保つのがきつかった」と2019年に地下アイドルを卒業し、今はライターとして活動している。

 残念ながら顔出しの許可を得られなかった。しかし顔が出ないからこそリアルなインタビューを書けるというものだ。ここはひとつ、ポジティブにとらえてほしい 。

私:いや〜、お久しぶりです。すみません、コロナで大変な時期に。

アヤ(以下ア):いやいや、ぜんぜん! マジで暇してたので。

私:じゃあ、さっそく本題に入っていい? どうして日本のアイドルには前髪があるのだろうか?

ア:あくまで私の個人的な考えとして発言すると、背景に「日本では“ビューティー系”より“キュート系”のほうがモテる」という考えがあるからだと思うなあ。

私:なるほど。確かにそうかも。

ア:じゃあ「どうしてキュート系がモテるのか」と。根本的な問題は、かつての日本における“男性主体の価値観”にあるんじゃないかなって。

私:ほう。

ア:日本って特に明治時代から、家父長的家制度で進んでいくじゃないですか。基本的に男性が強かった。そして、戦後にマッカーサーが来て、制度が撤廃され、レディ・ファースト的な欧米文化と融合する。

 そこから「女性は男性に守られるもの」っていう考えが染みついたんじゃなかろうか。日本独特の“歪んだレディファースト”というか……。根底に「女性は守られるべき、か弱い存在である」って思考が根づいちゃったんだと思う

私:なるほど。

ア:男子としても「女性に守られるのなんて恥ずかしい」と考えてしまう。女性より強くあることにプライドを持つわけさ。すると、キュート系な子を魅力に感じるのではないか、と。

 もしかしたら、現代の若い男の子はまた別の価値観かもしれないよ? でも、アイドルはぶっちゃけるとビジネスだから、(お金を落としてくれる)昭和を生きてきたおじさんからモテることも大切だよね。すると、アイドルたちは「守ってあげたくなる女の子」になるべく、前髪がこう……ぐんぐん伸びてくるわけだよ。

私:ぐんぐんって、そんなヘチマみたいな。でも、おっしゃるとおり、日本では“ロリコン文化”的なものが発達しすぎているのかも……。

ア:そう。これが長くにわたって日本のアイドルに前髪がある、根本的な理由だと思ってます。「永遠の17歳」みたいなキャッチコピーが生まれる背景は、アイドルの寿命の問題だけではない気がするなあ。