初夏の風が心地いい、とある日。スタジオに姿を現した氷川は「何でも聞いてください!」とニッコリ。週刊女性3月30日号で募った“氷川きよしさんに聞きたいこと”にバンバン答えてもらいました。気になる近況、素朴な疑問、幼少期……その心の機微に迫ります!

Private

Q 最近、楽しかったことは?

「4月の頭に従姉の子(従姪)が九州から遊びに来てくれたんですよ。19歳と23歳。自分がちょうどデビューしたときくらいの年齢で。なんか自分の娘みたいな感覚なんですよね(笑)。2人にカバンを買ってあげたくて、一緒に買い物に行きました。でもコロナ禍なので1店舗だけに絞って。店員さんと盛り上がりながら選んで、もう大喜び!! やっぱり、若い子はパワーがみなぎってていいですよね(笑)」

Q 最近買ったものの中で、よかったものは?

「湘南ゴールドっていう、今の時季しかとれない柑橘があるんですけど、テレビで特集されたみたいで。ネット検索してみたら売ってたので、箱買いしました」

 湘南ゴールドは、神奈川県が12年をかけて開発したというオレンジ。見た目はレモン色で、上品な甘さと華やかな香りが特徴。“幻のオレンジ”とも。

「すっごくおいしくて!! 毎日搾って、ジュースにして飲んでいます。ギュッて搾るのに手が痛くなるんですよね(笑)。ビタミンCの摂取はバッチリです!!」

氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

Singer

Q メイクは自分でしてるんですか? それともプロが?

「PV撮影のときはコンセプトに合わせてメイクさんにやってもらってますが、基本は自分。今日みたいな取材のときやコンサートのときとかは、自分で」

 それはびっくり!! いつから自分で?

「3年くらい前からかな? 最初のころは慣れなかったけど、自分で眉毛を描くようになって。細眉が、だんだん太眉になっていきましたね」

Q これからもロックは歌いますか?

「そうですね。この間、友達と久しぶりに電話で話したら“ロックは続けてほしい。やっぱりカッコいいから”って。そういう見方をしている人もいるんだ、と改めて思いました。だから続けていきたい。とはいえ“これでなきゃいけない!!”って自分を型に押し込めると窮屈になっちゃうから(笑)、その時その時に縁がある作品を、その時代に合わせて歌っていきたいな」

Q 最近は“kii”“kii-na”として発信することが多いですけど、コンサートでのコールは今までどおり“き・よ・し”でいいですか?

「なるほど。それぞれの見方でいいんじゃないですか? 自分はこうやって発信してるけど、それぞれの見方は違いますよね。例えば、写真を見たときにも“きよし君に見える”っていう人もいれば、“kii-naに見える”っていう人もいると思う。だから、それぞれの自由でいいです。kiiがnatural=kii-naに見える人は“キ・イ・ナ”でいいし、kiiちゃんに見える人は“キ・イ・ちゃん”でいいと思います