YouTubeチャンネルも開設

「この前、息子から電話がかかってきて、“いま、表参道を歩いてたら、大きいテレビにママが映ってたよ。あのドラマに出るの? (テレビで)ママが俺を見て手を振ってたから、おもしろくてかけちゃった”ですって(笑)。どうやら、今度私が出るドラマ『プロデューサーK パート4』が流れていたみたいですね」

 今年、酒井は8年ぶりに配信ドラマ『プロデューサーK』に出演し、作品の中で『碧いうさぎ』2021年バージョンを歌うことが決まっている。

今年2月に公開された映画『空蝉の森』では、ミステリアスな役を熱演
【写真】左足にはタトゥーが……!笑顔で会場をあとにする酒井法子

 独立を発表したのと同じ日に、ユーチューブで公式チャンネル『酒井法子 1億のスマイル!!』を開設した。これまでも、興味のある動画は見ていたそうだが、すぐに自分もやってみようとは思わなかったという。

「すごく難しい分野だと思っていたんです。自分の中に確固たるテーマがなければ、手を触れてはならないジャンルでしょうからね。でも、これも、新しい船出ということで始めることにしたんです。

 いまは、インスタグラムをはじめ、自分から何かを発信するのが当たり前になりました。人間、得手不得手はあると思いますが、私は始める前から“これはダメ”と躊躇せず、何事もまず一歩を踏み出し、新たな扉を開けたいと考えているんです」

“日本を元気に企画”ではコロナ禍に頑張っている人たちを紹介するため、都内の飲食店を訪れたり、37万円もするルイ・ヴィトンの財布を視聴者プレゼントにするなど、ユーチューブでも、“誰かを笑顔にしたい”という思いが軸になっているようだ。

「できること、できないことはあると思いますが、私が発信することで誰かの救いになったり、誰かの言葉を代弁できるきっかけにしたいと思っています。こういう世の中なので大変なこともあると思いますが、私自身楽しみながらやって、見ている方が“のりピー、次は何やるんだろう”と思うような企画をやりたいですね」

 最後に、今後の目標を聞いた。

「やはり、ベースは歌とお芝居ですね。たくさんの方と出会い、さまざまなことを学んだら、思い出として書き留めたり、絵や文章にしたりして、みなさんからもらった言葉をとどめる。その言葉に対し、私から何か形にしていきたいと考えています。応援してくださる方に恩返しをしていきたいです」

 これからも、たくさんの人たちを“夢冒険”に連れていってくれることだろう!