「波はあるけど、仕事はいろいろとやらせていただいています。去年の年末から今年2月にかけては、延期になっていたものが重なったりして、結構忙しく動いていました」

 長引くコロナ禍で、その影響を強く受けているエンターテイメントの世界。さまざまなイベントが中止・延期となり、タレントやアーティストたちの仕事が激減した。

 そんな中で、昨年の4月に芸能生活35周年を迎えた真琴つばさ。記念のコンサートも延期になったままだ。

「だからなのかな、私の中で“35周年”というものが終わっていない感じなんです。みなさまの前でコンサートができたとき、初めて35周年ということに実感が湧いてくるのかな、って」

 コロナの感染防止対策でさまざまな制限がある中、それでも前向きに舞台に立ってきた彼女。

「朗読劇ではあったけど、帝国劇場と新橋演舞場の真ん中に立たせていただきました。あと、柳家さん喬師匠に稽古をつけていただき、落語に挑戦できたのが本当に楽しかったです」

 自身初めての試みとして、昨年11月25日にはバースデイライブをオンライン配信で行った。しかし……、

「お客さまの反応がわからないじゃないですか。カメラに向かって語りかけても、リアクションがこちらに返ってくるわけではないので(笑)。どこか手応えがないというか……。

 でも、コンサート会場に遠方から来られなかった方が配信ならご自宅で楽しめますし。何かいい方法がないかな、と考えているところです。私を応援してくださる方々は、ネット生活に慣れていないという人も多いから……難しいですね」

 と話す真琴。

配信ライブは「客席からの反応がわからないことが寂しい」とポツリ

 ちなみに、ネット検索で『真琴つばさ』と入力すると、予測候補で『真琴つばさ 結婚』というワードが2番目に表示される。確かに“お年ごろ”としてファンならずとも気になることなのかも……。