「1本の出演料が300万元(約4800万円)とは、すさまじい金額ですね。スポンサー企業は、Koki,さんにそれだけの価値があると考えたのでしょうか」(中国在住ライター)

 4月、中国のサバイバルオーディション『創造営2021』に特別審査員として出演した木村拓哉・工藤静香の次女でモデルのKoki,。その際のギャランティーが高額だったと一部週刊誌が報じると、中国本土でも大きく話題に。

「Koki,さんは『ELLE』でのデビュー後、中華圏(中国・香港・台湾など)で発行されている有名ファッション誌の表紙を多数飾っています。さらに、2019年には中国で人気のあるEXOの元メンバー、クリス・ウー(呉亦凡)とMVで共演。そして、今回の『創造営2021』ゲスト出演。

 現地でも『親の七光り』だと言われていますが、それは木村拓哉さんの存在が大きすぎるから。特に80、90年代は中華圏でのテレビドラマの制作本数が乏しく、現地では日本のテレビドラマが多く放送されていました。当時、話題作で主演をつとめることが多かった木村さんは、中国の若者にとって憧れの存在だったのです。彼のウェイボー(中国版ツイッター)のファン数を見てもわかるように、Koki,さんは『最強星二代』(最強の二世タレント)として捉えられています」(前出・中国在住ライター)

 そんな彼女の進出は破竹の勢いを見せているが「世界」は途方もなく広かった。現在、中華圏ではKoki,に“ソックリ”な若手スターが現れていたのだ!

「ちょっと前に現地メディアで話題になったのが、ヴァンダ・マーグラフ(李宛妲)さんです。日本ではあまり知られていませんが、Koki,さんと同じ2003年生まれの女優さんです。顔の形状、身長体重など容姿が似ていることから、ヴァンダさんは『翻版木村光希(Koki,さんのコピーの意)』とも言われ、注目されているんです。

 彼女の父親はすでに亡くなっていますが、ドイツ人の生態学博士。母親は中国人エコロジスト。そんな両親が中国雲南省の山奥にあるシーサンパンナという地区の熱帯雨林再生プロジェクトに力を注いできた関係で、彼女もジャングルで育つことに」(前出・中国在住ライター)

左がヴァンダで右がKoki,。中国のメディアではすでに顔比較が行われている

 大自然のなかですくすく育ったヴァンダ。8歳のころ、中国の人気オーディション番組『中国達人秀』に姉とともに出演。キュートなルックスと歌声を披露すると現地では“熱帯雨林から来た妖精だ!”などと反響を呼んだ。その後、本人の希望もあって、チャン・ツィイー(章子怡)など数多くのスターを輩出している中国の舞踏系最高学府・北京舞踏学院に通っているのだとか。前出のライターは続ける。