「天皇陛下は東京オリンピックとパラリンピックの名誉総裁に就任されていますが、新型コロナが依然収束していないことから、大会開催の是非が問われている状況です。

 一方、7月にニューヨーク州での司法試験を控える小室さんですが、この一大行事を“利用”するおそれがあるとの話が浮上しています」(宮内庁関係者)

 アメリカ・ニューヨーク州のロースクールを無事卒業した小室圭さん。いまだ長引く眞子さまとの結婚問題が、東京五輪とどう関係するのだろうか。

陛下にとって思い入れの強い東京オリンピック

 そもそも、皇室と五輪の縁は深く、'64年の東京大会の開会式には皇室の方々が参列され、昭和天皇が開会宣言を行った。現在の陛下にとっても思い入れの強い大会である。

'64年の東京五輪で当時4歳の陛下は、ご両親と競技会場で観戦された

「天皇陛下は、外国との国交樹立の節目となる年に日本側の名誉総裁になられることはあります。例えば'15年にベルギーとの外交関係樹立から150年を記念する名誉総裁を上皇陛下(当時天皇陛下)が務められました。

 しかし、国内の団体や組織の名誉総裁に就かれることはほとんどありません。五輪の名誉総裁はレアケースです。

 前回の東京五輪は会場で競技を観戦されたなどの思い出もおありでしょうから、今回の五輪は特別なイベントでしょうね」(侍従職関係者)

 昨年のお誕生日会見では、幼少期の記憶として前回大会の思い出に触れながら、今回の五輪に対する思いも述べられている。

 一部では、新型コロナ感染拡大の状況によって、開会式への陛下の出席が危ぶまれるとも報じられているが、

「開会式に外国の大統領など元首級も出席されるなら、天皇陛下も会場に赴かれ、開会を宣言されるでしょう。競技のご覧についても、すべてリモートだと、諸外国から日本のコロナ対策に対する不信感を招くおそれがありますので、いくつかの競技は実際に会場でご覧になるのではないでしょうか」

 そう話すのは、宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さん。

 名誉総裁として開会宣言を務め、陛下にとって思い入れも強い五輪が7月下旬に控える一方、眞子さまと小室さんが“仕掛ける”計画とは─。