「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

第58回 加藤綾子&小川彩佳

 元フジテレビ・加藤綾子アナウンサー(以下、カトパン)が結婚を発表しました。お相手は“一般人”とされていますが、オリコン社主催の「好きな女性アナウンサーランキング」上位の常連、国民的女子アナのカトパンが、その辺の男性と結婚するわけがない。『週刊文春』(6月17日号)によると、男性は年商2000億円企業の2代目社長だそうです。

 人気女子アナと2代目青年実業家という「いかにも」というか「お似合い」な二人、縁もゆかりもない私ですが、おめでとうを言わせていただきたいと思います。

結婚にはお金はあればあるほどいいのか?

 さて、今回はあまり語られることのない「結婚とお金」について考えてみたいと思います。

 結婚生活を送るうえで、お金は重要な要素と言えます。秋篠宮家のご長女、眞子さまの婚約内定を国民がいまいち祝福しきれいな理由の1つとして、小室圭氏の仕事が定まらないことを挙げる人もいるでしょう。安定した収入がないのにどうやって結婚生活を維持するのかという点について不安を感じているわけです。

 本人にお金がないなら、親が出せばいいと思う人もいるかもしれません。しかし、そうとも言い切れないのではないでしょうか。

 5月31日に離婚の決意を発表したグラビアタレント・熊田曜子ですが、『週刊文春』(6月3日号)によると、元夫は脱サラして起業したものの、事業が軌道にのっておらず、有名医師の親に頼る“親がかり”の生活をしていたそうです。熊田はテレビやSNSで義母の干渉についての愚痴をこぼしていましたが「お金を出したら口を出す」のが人情というもの。また、お金がなくなると心の余裕も失われてしまいます。いつもなら目につかないような相手のアラも見えて、夫婦仲が悪化することも「よくある話」です。

6月上旬、娘をインターに送って帰る途中の熊田を直撃。質問には応えず、無言でスマホを記者に向けた

 それでは、お金はあればあるほどいいのかというと、それもまた新たなリスクを呼び込んでしまうように思います。安定した結婚生活を送りたい、できれば添い遂げたいと思う女性にとっては、「稼ぎすぎる男性」「ハイスペすぎる男性」というのは結婚向きでないように感じるのです。