集まったファンに“神対応”

 今年1月15日のインスタグラムで、日本に帰国していたことを明かした。

「昨年末に戻ってきて、三重県の伊勢神宮などを観光していたそうです。1月初めから東京に滞在しています。これまでも、一時的に日本に戻ってきたことはありましたが、今回は長期の滞在になるそうです」(成宮の知人)

 衝撃的な引退から5年がたち、“消えてなくなりたい”ほど思いつめた傷も少しは癒えたのだろうか。日本に戻ってきたのには、こんな理由が。

オランダでデザイナーの仕事をしていたのですが、新型コロナウイルスの影響で、予定していた仕事が中止に。オランダは昨年から何度かロックダウン(都市封鎖)になり、飲食店や衣料品店なども閉鎖されていました。思うように仕事ができない状況が続き、日本へ帰ってきたといいます」(同・成宮の知人)

 日本に戻ってきて1か月がたった2月中旬には、都内のセレクトショップで“一大イベント”を開催した。

「成宮さんがプロデュースしたグッズを、ポップアップショップで販売したんです。成宮さんと仲がいいオーナーがやっているお店が閉店することになり、彼の商品を4日間の期間限定で販売することに。彼もうれしかったようで、イベントの2週間前からお店に来て、何度も打ち合わせをしていましたよ」(近隣の店舗スタッフ)

 イベントは大盛況だった。

事前に成宮さんがSNSで告知していたので、多くのファンが訪れました。連日整理券を配るほどの大行列。成宮さんの商品を置いているだけでなく、本人がお店に来て、ファンと交流するサービスもあったんですよ」(同・近隣の店舗スタッフ)

プロデュースしたグッズを、ポップアップショップで販売していた成宮寛貴
【写真】警察も出動、成宮寛貴“三密パーティー”の一部始終

 久しぶりに日本のファンと会えたのがうれしかったのだろう。来店したファンに“神対応”を見せる場面も。

「ひとりひとりに“わざわざ来てくれてありがとう”と、ていねいに対応し握手したり、ツーショット写真まで撮ってくれました。営業が終わった後も、出待ちしているファンに優しく声をかけていましたね。若い人や中高年の女性が多かったですが、若い男性もいましたよ」(お店を訪れたファンの女性)

 イベント最終日には、営業が終了した午後8時過ぎから、成功を祝って店の中で打ち上げが始まった。

みんなでビールやシャンパンなどを飲んでいました。成宮さんは終始ご機嫌で、スタッフと踊ったり、ハイタッチしたり、女性スタッフとハグまでしていましたね」(同・ファンの女性)