「小室圭さんが帰国するという話は、いっさい聞こえてきません。

 眞子さまの婚約内定者である小室さんが帰国するとなれば、約1か月前から日本の警察に情報が入り、使用する空港や自宅周辺における警備の下見などが行われるはずですが、その様子もみられない。

 宮内庁の上層部ですら、小室さんの動向を把握しておらず、ご結婚に際する関連行事の話も出ておりません。

 おふたりが今秋の結婚を目指されているのなら、そろそろ動かないと間に合いませんが……」(宮内庁関係者)

夏には帰国すると思われていたが……

 眞子さまと小室さんはこれまで、30歳になる今年10月ごろの結婚をめどに動かれていたとされる。

「理由はいくつかあります。1つ目は昨年11月、眞子さまの強いお気持ちが綴られた文書の公表から、ちょうど1年というタイミング。

 2つ目は今年4月、小室家が抱える金銭トラブルに関する説明文書を公表したこと。結婚関連の儀式を行って秋に婚姻することを逆算した場合、ぎりぎりの時期だったことから公表に踏み切られたのでしょう。

 そして、11月末には秋篠宮さまのお誕生日が控えており、それまでにご結婚されていない場合は結婚問題に言及せざるをえず、秋篠宮家が再び世間からの批判を受けてしまうおそれがあります。

 これらの理由から、今秋のご結婚はおふたりにとってマストだったはずなのです」(皇室ジャーナリスト)

最近は宮中祭祀に皇族代表として出席されることが増えた眞子さま(1月7日・八王子)

 近代の女性皇族の結婚においては、結婚から約3か月前に一般の結納にあたる『納采の儀』が行われている。10月の結婚ならば、7月中旬までに小室さんは帰国するとみられていたのだが……。

「小室さんが留学していたロースクールは、5月末の卒業と同時に大学寮から退去を命じられます。ニューヨークは滞在費が高く、ワンルームの家賃ですら月20万円を超えるのはザラ。言わずもがな物価も高く、現在無職の小室さんでは滞在すら難しいでしょう。

 しかも、留学中の生活費用は日本で勤務していた法律事務所から援助されていましたが、普通であれば卒業と同時に打ち切られているはずです。

 7月末にニューヨーク州の司法試験が控えていますが、今年はオンラインでの受験が可能なため、資金面や今秋の結婚を考慮すると、6月もしくは7月中旬までに帰国すると予想されていたのです」(同・前)