三浦春馬さんの悲報から1年。人気俳優の突然の死にいまだ悲しみが癒えていないファンも多い。そんな中、映画『映画 太陽の子』が8月6日に公開される。三浦さん力演の公開映画の名シーンとともに、『週刊女性』秘蔵ショットで偲ぶ――。
(※画像を見るには、記事内の「【追悼グラフ】秘蔵ショット多数、多くの作品で魅了した三浦春馬さんを忘れない、忘れたくないーー」をクリックしてご覧ください)

初対面の監督に…

「初めて春馬君と会ったとき『全力を傾けます』と言ってくれて、とても励まされました。この役がなぜ自分かということもわかってくれていたようで、それも意気に感じました」

 こう語るのは、柳楽優弥主演『映画 太陽の子』に出演した三浦春馬さんの起用についてメガホンをとった黒崎博監督。

 第二次世界大戦中に日本で原子爆弾が開発されていた事実と、戦時下でもひたむきに未来をみつめて懸命に生きる若者たちを描いた青春群像劇。

 柳楽は原爆開発の極秘任務を受けた大学生の兄・修、春馬さんは下士官の弟・裕之、有村架純が兄弟の幼なじみ・世津をそれぞれ演じた。

海に身を投げようとする裕之を助ける/『映画 太陽の子』(C)2021ELEVENARTSSTUDIOS

 休暇を終え再び戦地に向かう裕之の失踪をめぐり3人が演じる海岸での熱演は見せ場のひとつ。

 昨夏放送のNHK特集ドラマとは違う視点で映画は描かれている。

 夭折の俳優が渾身の演技でスクリーンからファンを魅了する。

『映画 太陽の子』主演の柳楽優弥と有村架純が、映画の完成披露上映会舞台挨拶に登壇 撮影/高梨俊浩

舞台挨拶で主演・柳楽優弥はーー

 主演の柳楽と有村が、映画の完成披露上映会舞台挨拶に登壇。柳楽は「春馬君とは10代前半からオーディションが一緒になり、戦友でありライバル。今回、愛を持って参加してくれた春馬君をこれからも愛して大切にしていきたい」と語った。

 有村は縁側シーンを振り返り「3人の空気感、穏やかでほほえましいシーンになったと思います」

『映画 太陽の子』(C)2021ELEVENARTSSTUDIOS

『映画 太陽の子』8月6日(金)全国公開/(C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ/イオンエンターテイメント配給