アルバム『THIS IS WHERE WE PROMISE』のリリース、全国で開催するトークショーとアリーナツアー、AAAとしてのドーム公演の振替をもってアーティスト活動を休止する與真司郎。ポジティブな言葉と明るい表情に満ちた彼も、過去には「人と比べてばかりいた」と振り返る。人生の半分以上をAAAのメンバーとして活動してきた彼が、過去、現在、未来、そしてグループのことから自身の恋愛観まで、すべてを語ってくれた。

~過去~

 '05年のメジャーデビュー後、男女混合ダンスボーカルグループとして不動の人気を獲得してきたAAA。最年少メンバーである與真司郎は「男女メンバー全員が歌って踊るオンリーワンなスタイルが魅力」とグループ愛を語る。

「男女混合で大変だったことは特にないです。取材では女子メンバーが“着替えが面倒くさい”とか言ってたけど、俺は気にしてなかった(笑)。むしろ女子がいてよかったなと思う。衣装や写真選びなど、女の子の意見を聞けるのはありがたいです」

 14歳でavexのオーディションに合格し、AAAとしてデビューしたのは16歳のとき。

「ただがむしゃらに頑張っていた」という10代のころは活動の規模がグレードアップするいっぽうで、精神的なストレスも大きかったと語る。そんななか海外の魅力にハマって英語の勉強を始めると、みるみる上達しメンバーを唸らせた。

「英会話を習いに行く時間がないから、ツアーの移動中に独学で勉強してました。当時は時間がなくて、海外旅行は年に2回行けたらラッキー。ある年のツアー最終日に、会場でシャワーを浴びてハワイ行きの飛行機に飛び乗った記憶があります」

與真司郎(AAA)撮影/矢島泰輔

デビュー10周年で渡米を決意した理由

 末っ子ポジションでありながら、実は大の努力家。そんな與はAAA10周年イヤーを機に単身渡米を決意する。

「留学を決めたのは、いずれ海外に住みたいと思っていたし、もっといろんな人と出会いたいという気持ちがあったから。

 10周年ツアー後の展開として、メンバーそれぞれソロ活動に力を入れるという話になったので、それなら自分は留学したいとマネージャーに相談したのが、ちょうど9周年のころ。反対する人もいたけど、グループ活動以外のところで時間を与えてもらえるなら、海外で人生の役に立つことをしようと思ったんです」

 この決断が人生の大きな転機に。

10代から20代前半のころは、人と比べてばかりいました。メンバーとかほかのアーティストさんと自分を比べて苦しかった。芸能界はわかりやすく数字が見える世界だし、上には上がいるから、そこに行けないことが悔しくて、もどかしかった。

 でもアメリカに行ったら、誰もAAAのことを知らないし、フラットに俺のことを見てくれる。そういう人たちの考え方にふれて、比べる必要なんてないんだなと思えるようになった。LAでの生活がなかったら、こんなポジティブな人間にはなってなかっただろうし、ここまで人に優しくもなれなかった。LAにいる友達がいなかったら、今の自分はなかったと思います」

 そして'20年、ドームを埋めるトップアーティストとなっていたAAAは活動休止へ。

「メンバーとスタッフとみんなで話し合いを重ねて出した結論だったので、心境としては冷静でした。自分の思いだけで進めることはできないし、自分の考えがすべて正しいわけでもないので、決まったことは受け入れて、違う楽しみを見つけていこうという気持ちでしたね」