コロナ禍になり、他人と会うことがめっきり減った現在だが、感染を恐れずに不倫をする人たちがいる。いわゆる「コロナ不倫」の調査や相談ケースが多い総合探偵社株式会社MRでは、今回、不倫をしている35歳から60歳の男女180人にアンケートを行った(※2020年12月現在不倫をしている35~60歳の既婚男女180名に対し、アンケート回収方式を実施。株式会社マーケティングアプリケーション協力)。

「ホテルに直行直帰」がコロナ不倫の特徴

 いつ不倫を始めたか、どこで相手と出会ったか、不倫を始めた理由などがアンケート項目。MR代表取締役社長の岡田真弓さんは言う。

「アンケートによると、コロナ禍でも不倫をしている人の男女比は4対6で女性のほうが多く、彼らの平均年齢は48歳。私が探偵を始めた約20年前から比べると平均年齢は徐々に上がっています」

 現在アラフィフ世代の不倫数がダントツに多いのだ。リスクを冒してまで、なぜ人は不倫をするのか?

「コロナ禍になってからの不倫は、夫婦で家にいる時間が長くなり、些細なことでケンカをしたりすることによるストレス発散が原因。また、仕事を失ってやることがなく、寂しいといった単純な理由も多いです」

総合探偵社株式会社MRが行った不倫をしている35歳から60歳の男女180人にアンケート結果より(※2020年12月現在不倫をしている35~60歳の既婚男女180名に対し、アンケート回収方式を実施。株式会社マーケティングアプリケーション協力)

 コロナ禍になってから不倫を始めた人は、全体の29%で約3割にも及ぶ。コロナ禍の不倫の特徴は「探偵の不倫調査の時間が短くなったこと」と岡田さん。

「以前は、まず飲食店で食事をしてからラブホテルへというケースがほとんどでしたが、現在多くの飲食店が営業を自粛したり、お店に行って感染することが気になったりするためか、ラブホテルやシティホテルに直行することが多くなりました。なので、調査時間が短くなってラクになった部分もあります(笑)」

 時間もお金も節約できる“エコ不倫”ともいえる。

 次に紹介するコロナ禍でパートをクビになった主婦A子も、“エコ不倫”を始めた1人だ。

●50代主婦A子の不倫事例

 不倫調査の依頼者はA子の夫。パート勤務のA子は、コロナによる人員削減で失職し、暇を持てあますようになった。そのうち休日も携帯を手放さず、誰かと、やりとりしているA子の様子に異変を感じた夫が調査依頼をした。調査結果はクロ。

 A子は出会い系サイトに登録し、そこで出会った複数の男たちと関係を持っていたことが判明。夫がA子を問い詰めたところ「仕事がなくなって私にはやることがない。それなのに、あなたは忙しくて私を構ってくれない。寂しくてついサイトに登録して……」と、涙ながらに語った。夫がいない間に近所のホテルにサクッと直行していた“時短不倫”だったので、バレないと思っていたらしい。

 50代の女性が出会い系サイトやアプリで男性から求められるのかと疑問を持つ人もいるだろうが、ちゃんと需要はある。

総合探偵社株式会社MRが行った不倫をしている35歳から60歳の男女180人にアンケート結果より(※2020年12月現在不倫をしている35~60歳の既婚男女180名に対し、アンケート回収方式を実施。株式会社マーケティングアプリケーション協力)

 そうはいっても不倫相手との出会いはやはり職場が断然多い。50代女性の不倫相手も、パート先を含む職場の同僚が1位だ。同僚とは長く一緒にいることで恋心が芽生え、心も許せるので不倫に発展しやすい。この点は、コロナ禍前もコロナ禍も変わらない。