デビュー47周年のレジェンド・バンドTHE ALFEE。70枚目という節目のタイミングでリリースするシングル『The 2nd Life −第二の選択−』にのせたメッセージは“希望”。今作も高見沢俊彦が作詞・作曲を担当している。

高見沢俊彦(以下、高見沢)「新型コロナウイルスの感染が拡大するまで休むことなく続けてきた春のツアーを、昨年に続き今年も断念せざるをえなくなりました。そうなると、創作への気持ちも変化していきます。この先、どうなるんだろうかと考えたり。

 ニュースを見ても暗い内容が多いからこそ、希望のある曲を作りたい。アフターコロナに向けての所信表明じゃないですけど、そういった曲にしたいという思いがありました」

 “70”枚目という数字は意識した?

高見沢「僕らより先にシングルが古希になっちゃったわけですから、めでたいですよね(笑)」

桜井賢(以下、桜井)「よく70枚も作ったな。えらいよ」

高見沢「ありがとう。でも、デビュー曲は僕じゃなくて、筒美京平さんだけど」

桜井「でも、立派だよ」

 コロナ禍で変わったレコーディング。それまでは3人でレコーディングブースに入っていたが、いまはひとりひとり。

高見沢「ひとりでやるよりもふたり。ふたりより、3人。コーラスを重ねていくことで、改めて“3声”というものがTHE ALFEEの武器だと感じました」

坂崎幸之助(以下、坂崎)「コロナ前の3人で“せーの”で歌ってきたときとは、やはりちがいますね」

桜井「ひとつずつの音や長さをきっちり合わせていかないと、別々に録音したものを重ねたときに成立しない。そういう意味で、よりシビアにはなってきています」

高見沢「もちろん、コロナと関係なく、ハーモニーや音については年々シビアになっていますよ。最初はわからなかったことが、だんだんわかってきていますから」

断捨離のつもりが店員からツッコミ

 歌詞の中に“無駄な荷物は捨てよう”とあるが、

坂崎「はい、すみません。捨てます!(笑)。いま、引っ越しの準備をしているんですが、いらない棚とか、必要のないものが見つかりますね。あと、どうしようかと思っているのがALFEEモノ。自分たちが掲載されている昔の雑誌とかね。1ページしか掲載されていないのに、雑誌をまるっと持っていたりしますから。自分たちが載っていないほかのページを読み始めて断捨離が進まないとかね(笑)。

 それから、5年とか10年使っていないものは処分していいんじゃないかなと思って。ギターも500本もいらないかなとか」

高見沢俊彦/吉岡竜紀

高見沢「それ、オレのことだろ(笑)。ギターは増殖中なんですが、最近、スマートフォンのアプリをかなり整理しました。だいたい2週間使わなかったら、もう必要ないと思ったほうがいいよね」

坂崎「桜井は無駄がないですから」

桜井世の中、過剰包装とかありますよね。例えば、靴を買ったときに僕は箱はいらないからと言うんです。そうするとお店の人が“箱がないと返品できませんから”って(笑)」

 以前、『週刊女性』のインタビューで桜井と連絡を取る手段がFAXと答えていたが変化はあったのだろうか。

坂崎「いまも、FAXです(笑)」

桜井「FAXがあるってことは、電話もあるってことですからね(笑)」

 リモート会議をすることは?

坂崎「1回もやったことがないです」

高見沢「リモートでレコーディングをしたことはありますけど。リモート会議は、桜井はできないからね」

桜井「必要ある? 会ったときに話せばいいんだから。そもそもリモート会議をするような会社に勤めることに向いていなくて、いまに至るんだから(笑)」