園長の信じられない言動

 同園に子どもを通わせていた保護者からはこんな話も。

「あの園長は、子どもにひどいことをする人。特に嫌われている園児がいたんですが、“あんたのお父さんは好かん”ってその子に面と向かって言うんですよ」

 その園児には上にきょうだいがいて、同園の卒園生だったのだが、

「学校に置いてある卒業アルバムを取り出してきて、その子のお父さんの写真の目を園長が黒く塗りつぶしたという話もあってね……」

 園長の園児に対するパワハラとも言える行為。前出の説明会でも、悪いことをしたら園児を叩いたり、倉庫に閉じ込めたりするなど行き過ぎた指導についても、保護者たちが追及。ある保護者からはこんな発言もあった。

「朝のバスで寝ていた冬生ちゃんにお仕置きとして、わざと閉じ込めたのではないか。そのことを園長が忘れてしまい、起きてしまった事故なのではないか」

 だが、園長の回答はなかったという……。

献花は駐車場のところに2か所と、園の前に1か所。花を手向ける人が後を絶たない
【写真】保育園に止められていたトーマスの送迎バス

 また、園長のパワハラは職員に対しても行われていたようで、

「歯に衣着せぬ人だから、職員を厳しく怒るんです。ときには怒鳴ったりするから、若い職員はすぐ辞めちゃうんです」(別の保護者)

 パワハラが原因で、園長が送迎バスの運転手をしなければいけないほどの人手不足だったということなのか――。

 同園は園児が130人程度で、職員数は正規と非正規を合わせると30人ぐらいになるという。

「保育園はどこも慢性的な人手不足ですよ。朝7時ごろ開園すると、早出の職員が数人出勤して、登園児童を預かります。0歳児なら、抱っこやおんぶをしなければならず、通常出勤の職員が来るまではてんてこまいです。

 だから同園の園長は自分が運転手をして、一人でも多くの職員が園にいられるようにしたんだと思います。ですが園の総責任者が毎朝、園にいないというのはあまり聞いたことがないです」(前出・保育園関係者関係者)

 事件の真相を知るべく、園長の自宅を訪ねるも、インターフォンを鳴らしても出なかった。電話をかけても出ず、と取材に応じる気配がまったくなかった。

 犠牲になった冬生ちゃんは、明るくて、活発な子だった。

「カレーとパンケーキが大好きな子だった。お母さんは、彼のためにそれをよく作ってあげていたわね」(別の近所の主婦)

 冬生ちゃんの母親を訪ねると、インターフォン越しにこう応えてくれた。

「どうか、お察しください。もう、涙が止まらなくて……」

 警察は現在、業務上過失致死を視野に入れて捜査している。対象は当事者の園長、バスを出迎えて車内の忘れ物を点検する職員、被害児童の担任の3人だという。

 冬生ちゃんのような悲劇をもう二度と繰り返してはいけない。