「宝塚時代からずっと走ってきました。とくに('14年の)宝塚100周年以降の自分は、少しゆっくりしたかった。そういう意味で昨年、自宅で過ごす時間が増えたことで家の中の掃除をしたり、断捨離したりする時間を持つことができました。

 でも、そんな余裕のある気持ちでいられたのは最初だけ。舞台に立てるということが、私にとってどれだけ大切なことかを痛感する期間にもなりました」

 '09年に宝塚歌劇団の星組トップスターとなり、6年にわたり男役として見るものを魅了してきた柚希礼音。'15年の退団公演の際には、劇場前に約1万2000人ものファンが集った。

 退団後もさまざまなミュージカル作品に出演。先日も3年ぶりの再演となった『マタ・ハリ』の幕が下りたばかり。

「自分が真ん中(主演)で舞台に立つのは1年半ぶりくらい。主役ということもそうですが、舞台に立つこと自体もこわかったですね。宝塚時代も毎回、毎回、こわくて。舞台稽古でステージから客席を見るたび“ここに立つのか”と足がすくむ思いでしたが、今回も心臓が縮み上がりました。久々に見てくださる方に“いいものを見せなくちゃ”と、勝手に自分にプレッシャーを与えて緊張していましたね」

 稽古を何度重ねても「足りない」という気持ちを拭えなかったと本音を語ってくれた柚希。新型コロナウイルスの影響で昨年より自宅からリモートで歌の稽古をしたり、ひとりコツコツ練習することが増えた。

「“1日の舞台は、100日の稽古よりためになる”みたいなことをよく聞くんですけど、ほんとうにそのとおりだなと思いました。1回の舞台でどれだけ学ぶことが多いか」

幸せだと感じられるように

改めて「ステージが好きだ」と確かめることができたという彼女のソロコンサート『REON JACK 4』が9月11日からスタートする。3年ぶりとなるコンサート。

柚希礼音 撮影/齋藤周造

「『REON JACK 1』は宝塚を退団して1年ほどたって“なんだか遠くに行っちゃった気がする。でも、そんなことなかった。近かった”ということをコンセプトに作りました。

 パート2や3は、内容をさらに洗練させていった。今回は、“あったかい”をテーマにみなさんが知らぬ間に抱えている緊張や葛藤、我慢を忘れて“幸せだな”と思っていただけるものを目指しています」

 迫力のある歌声にハイレベルなダンスと、見どころいっぱいのステージ。すさまじい運動量の驚愕のパフォーマンスを軽やかに披露できる理由を聞くと、

「コンサートのたびに客席のみなさんを幸せにしたいと思うんです。でも、その100倍くらいの幸せをみなさんがくれる。愛の飛ばし合いが起こるのがコンサートだなと思います。

 柚希礼音をすべてさらけ出し、心を裸にすることで、ファンのみなさんとの距離がぐっと近くなる『REON JACK』は、私と客席のみなさんとでなにかキャッチボールをしている感じがするんです」