女性で史上初の「究極のサマディ(悟り)」に達したインド政府公認のシッダーマスター=ヒマラヤ大聖者、ヨグマタ相川圭子さん。ヒマラヤ秘教の厳しい修行を越え、究極の真理を悟ったヨグマタ=宇宙の母さんに、読者の悩みを相談。辛酸なめ子さんが感性あふれるイラストとともに、解決へとみちびきます。

※今週のお悩み

 子どものころから動物が苦手です。いつも動物を「好き」とも「嫌い」とも言っていません。いまお付き合いをしているカレは大の犬好き。実家にも子どものころから犬がいて、現在も3頭飼っているそうです。先日カレに「結婚したら大型犬の子犬を飼いたいね」と言われてギョッとしました。動物が苦手と言わなければいけませんが、そのひと言でカレを失ってしまいそうな気もして迷います。
(27歳・通信会社勤務/東京都)

瞑想で清らかな心になるといい波動で動物が寄ってきます

 動物が好きな彼と苦手なあなた。動物は子どものころに親しんでいるか否かで好き・嫌いが分かれると思います。動物が好きな彼は素晴らしいと思いますが、あなたが動物を苦手なことはいけないことではありません。

 あなたには犬が苦手になった体験があるのかもしれません。潜在意識について知る人の助けによる再体験で理解すると、犬への苦手意識を取り除くことができます。

 最初は苦手になったきっかけがあったとしても、今は食わず嫌いな部分もあるかもしれません。案ずるより産むがやすしの可能性もあります。

 いずれにしても、結婚まで考えているのなら、どこかの時点であなたは動物が苦手であることを話す必要があります。そのうえで、この機会を万物への愛を感じ、育てていくチャンスととらえましょう。

 犬を連れて散歩する人がいたら、目に留めて観察して、いいところを見つめましょう。そんなことに慣れると、次第に犬の可愛さがわかってくるでしょう。人間関係はもちろん、さまざまな生き物に対する尊敬と感謝を育んでください。動物に愛を向けることで、心がひと休みして、相手に要求ばかりするギスギスした人間関係が、自然といい感じになるでしょう。

 また、それをきっかけに動物以外でも苦手意識を取り除き、パートナーとともに成長できるあなたになっていけたらいいと思います。私たちの中には、自然な愛があります。それを育ててください。

 ヒマラヤシッダー瞑想は、自然な心と愛を湧き出させます。あなたは宇宙です。瞑想は宇宙を浄め、身体と心の自然性を高めます。

 瞑想を続けることで、動物が怖くなくなり、動物への愛も深まっていきます。私がヒマラヤで修行をしているときは、猫がたくさん寄ってきました。瞑想をして清らかな心になると、動物や自然のものが寄ってくるのです。いい波動を感じるのでしょう。

 ヒマラヤシッダー瞑想は、動物だけでなく人間関係を含むすべての関係をよくし、あなたの意識を高めます。それは、広い心になるひとつのプロセス、練習です。この機会にさらに本質の成長をしましょう。彼は、そんなあなたにさらに魅力を感じると思います。

ヨグマタ相川圭子さん 撮影/矢島泰輔

ヨグマタ相川圭子さん……究極のサマディに達して下界で活躍する世界にたった2人しかいないヒマラヤ大聖者。「女性史上初」5千年の伝統をもつヒマラヤ秘教の正統な継承者。国連本部で主賓としてスピーチ。日本、インド、ヨーロッパ、アメリカで活躍。日本に道場を持ち、ディクシャという瞑想秘法伝授と悟りの合宿を行う。全国で指導を展開。人生を変える本質的な生き方をガイド。『心と体をととのえて、もっと楽に生きる』(中央公論新社)など著書累計90万部。TBSラジオ・インターFM897、BSテレビに好評レギュラー出演中。
●公式サイト:https://www.science.ne.jp/

辛酸なめ子……東京都生まれ。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短大卒。漫画家・コラムニストとして活躍。『渡る世間は罠だらけ』など著書多数。Twitter:godblessnameko

〈構成/池野佐知子〉