8月下旬の朝、都内の一等地にあるマンションから子どもを連れて姿を現したのは熊田曜子。周囲を警戒するようにキョロキョロしながら、駅のほうへ歩を進めていく。

 本誌は6月にもマンションから出てきた彼女を目撃しているが、今回出てきたマンションは2か月前とは異なるマンションだった─。

わずか2か月で自宅を解約

 ことの発端は今年5月、熊田が夫である会社経営者のAさんから暴行を受けたとして110番通報し、Aさんが逮捕されたことから始まる。

「通報後、熊田さんは所属事務所を通じて、過去にもDVを受けていたことと、離婚の意思を表明。一方のAさんは釈放後、メディアを通して暴行していないと主張。

 そして、熊田さんの不倫をにおわせる音声データや、Aさん以外の精液がついたとされる“大人のおもちゃ”の存在などを明かした。Aさんは以前から熊田さんの浮気を疑っていて、水面下で情報を集めていたようです」(スポーツ紙記者) 

景品表示法違反に触れて消費者庁から措置命令が出された熊田曜子が広告塔となっていたハーブ茶。“飲むだけで10キロダイエット”と謳われていた

7月には、熊田が景品表示法に違反しているハーブ茶の広告塔を務めていたことが発覚。

「当初はDVの被害者だと、熊田さんに同情する見方が強かったのですが、一連の報道で彼女にも疑いの目が向けられるように。離婚に向けた話し合いの中でも、熊田さんもAさんも互いに親権を譲らなかったため、両者の主張は平行線をたどり、現在も代理人を通して話を進めている最中です。解決にはまだまだ時間がかかりそうですね」(同・スポーツ紙記者)

 まさに“ドロ沼”の騒動になってしまったが、最近になって彼女の私生活に“大きな動き”があったようだ。

「熊田さんは暴行事件後、3人のお子さんを連れて夫と別居していたのですが、6月から住んでいたマンションをたった2か月で解約し、引っ越してしまったんです」(熊田の知人)

 新居は以前の熊田の生活レベルからすると、だいぶグレードが下がるようだ。