「被害者の夫は追悼式にもちらし配りにも参加したことがありません。自分の妻と子どもが殺害されたにもかかわらず、そうした行事に参加しないのは、人間の情からみればおかしな感覚だと思います」

 ある捜査関係者が明らかにする。

 愛知県豊明市で2004年9月、冒頭の夫の妻子4人が殺害され、自宅が全焼した。焼け跡から見つかったのは、加藤利代さん(当時38)と長男の佑基くん(同15)、長女里奈さん(同13)、次男正悟くん(同9)。就寝中に何者かに刃物で刺され、鈍器でも殴られた。

 現場から火の手が上がったのは午前4時ごろ。同捜査関係者が説明する。

「犯人は灯油をまき散らし、蚊取り線香を使った時限発火装置を使っています。殺害から時間がたって発火しているので、綿密なアリバイ工作をした可能性がある」

 利代さんの夫は事件発生時、夜勤の仕事で、自宅には不在だった。室内が荒らされた形跡はほとんどなかったことから、愛知県警は怨恨の線が強いとみて捜査を開始した。

 捜査員はこれまで延べ約4万6000人が投入され、寄せられた情報は193件に上るが、犯人逮捕につながる有力な情報はなく、事件は未解決のまま、9日で発生から17年を迎える。

 現場となった自宅跡地では今年も追悼式が開かれる。遺族や愛知県警の捜査員らが参加するが、新型コロナウイルスの影響で昨年から規模は縮小。情報提供を呼びかけるちらし配りは、感染予防のために街頭での配布はやめ、警察署などへの配布となった。

 命日に合わせたこれら一連の行事は毎年行われてきたが、利代さんの夫は、現場近くに住んでいるにもかかわらず、今まで一度も顔を出していない。先の捜査関係者が続ける。

「例えば事件のことを忘れたいとかいろいろな感情があるから、不参加というのは理解できなくはないですが……」

 夫はなぜ参加しないのだろうか。

利代さんの姉が語るありし日の4人

「もうすぐ9月9日だね」

 利代さんの姉、天海としさん(59)は8月下旬、愛知県内の自宅で手を合わせた後、仏壇に並ぶ4人の遺影に、優しく語りかけた。毎朝、子どもたちが好きだった牛乳、そして利代さんにはアイスコーヒーを供える。それぞれの誕生日にはささやかな会も開く。長男の佑基くんが誕生日を迎えたお盆明けには、仏壇の前で一緒に一杯やった。昔はジュースだったが、今は生きていれば成人だから、ビールを供えている。

「元気にしてる?」

「ちゃんと4人一緒にいる?」

「ゆうき、お母さん守ってやってね!」

 ウルトラマンやゴジラの人形、ミニカー、トランプ、絵に木版画、母子手帳……。

 天海さんが今も大切に保管している4人の形見だ。現場の自宅は発生から2年後に取り壊されたが、その前に、天海さんが持ち帰ってきた。所々に焼け焦げた跡があり、現場の凄惨さを物語っていた。

利代さんの姉の天海としさん。仏壇の前で手を合わせ遺影に向かって語りかける。天海さんは毎年情報提供を求めてちらし配りをしている

「利代は子どもを第1に考えていたから、どんな思いであの世へ行ったのかな。助けたかっただろうなと。利代とは本当に仲がよかったんです。だから事件直後、私は身体に大きな穴があいたような気持ちになりました」

 涙ながらに当時の心境をそう振り返る天海さんにとって、4歳年下の利代さんは、かけがえのない存在。毎日、10回はメールや電話でやりとりしていた。天海さんにも子どもが3人いて、誕生日会には利代さんの子どもたちも含めてパーティーをするなど、頻繁に遊んでいた。