“猿ドン”という言葉をご存じだろうか。数年前流行した、男性が壁際にいる女性に対し“ドンッ”と手をつき迫る胸キュンアクション“壁ドン”ではない。

 フジテレビで8月21日に放送された番組『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』で行われたドッキリだ。

“猿ドン”への批判が殺到

「番組は東野幸治さんがMCを務め、Sexy Zoneの菊池風磨さんらがドッキリクリエイターとして出演。“猿ドン”は、ニホンザルを使ったドッキリで、タレントが歌唱中のところを背後からサルが飛びかかるというもの。21日の放送では、韓国のオーディション番組の合格者で結成されたアイドルグループ『JO1』の河野純喜さんが猿ドンされました」(スポーツ紙記者)

『ドッキリGP』にレギュラー出演する菊池風磨、東野幸治、小池栄子

『JO1』のデビューは'20年と、これから人気が加速していくだろうグループ。テレビ露出自体を喜ぶファンも多かった。その一方で……。

「ファンの方が露出を喜ぶのはもっともですが、動物の研究者、そして一般の方などから批判の声も上がりました。それは“動物を使ってのドッキリ”という部分です」(動物愛護団体職員)

《猿に人を攻撃させてその様子を楽しむ…?見ている人、楽しいの?》
《人に危害を加えることのないように細心の注意を払っているのに、人への攻撃を指示するなんて。しかも動画を見ると事故一歩前です》
《パニックになって叫んだ人にストレスを感じた生き物が襲ったり怪我させる危険性もあるし本当に良くない》

 ネットではこのような声が散見された。

 今回だけでなく、これまでの放送回を確認すると、サルは背後から“飛び蹴り”のような形で飛びかかり、それを知らされていないタレントは突然の背後からの衝撃につんのめるようになり、歌唱中ということもあり、マイクに激突しているような回もある。数メートル離れた場所からの飛び蹴りの衝撃は相当ではないだろうか。