衆議院総選挙に向けて、与野党が熱戦を繰り広げている。1000人を超す候補者の中には、票集めのために擁立された“タレント議員”がいる。だが、人気どころか、党のイメージを悪くしている人もいるようで……。週刊女性は全国の有権者女性3000人にネットアンケートを実施。好きな・嫌いなタレント議員を大調査!!

客寄せパンダとして当選したあげくの不倫報道

 女性たちに選ばれた『嫌いなタレント議員』ダントツの1位は元SPEEDの今井絵理子。圧巻の767票を獲得。

「もともと政治の知識もなく議員になれる器でもなかった。にもかかわらず、客寄せパンダとして当選させてもらったあげくに不倫報道。税金の無駄よ」(36歳大阪・パート)、「きちんと仕事をしているかが伝わってこない。SPEED時代の歌唱力やダンスの記憶と比較すると、残念な気持ちになる」(30歳岐阜・サービス業)

元SPEEDの今井絵理子

 '16年に参議院選挙に出馬した今井。国民的グループのメンバーでありながら、シングルマザーとして聴覚障がいのある長男を抱え、働く姿が支持を集め初当選。きっと国をよくしてくれる──。そう思った人もいたはずだけど、'17年7月に神戸市議会議員との不倫疑惑が報じられたのだ。

 出会いはさまざまかもしれないが、この報道にガッカリした人が多いよう。一方『好きなタレント議員』ランキングでは213票で5位に。

「SPEEDのときから好きです。以前にお子さんとレストランにいるのを見かけました。子育てを頑張っていて応援したい」(34歳新潟・専業主婦)、「私の子どもも障がいがあるので、実際に障がいのあるお子さんを持つ今井さんなら理解してもらいやすそう。それが医療福祉政策へ反映されると願いたい」(38歳宮城・医療福祉関係)

 ほかにもファンだからとの声が多数を占めた。まだまだ全国のSPEEDファンは見捨てていない。襟を正し、しっかりと国政に取り組んで。

仕分けの女王も息子にはデレデレ

『好きな議員』で645票を獲得し、1位になったのは『立憲民主党』の蓮舫だ。

「タレント時代の印象は悪かったが、意外にも、きちんと勉強していることがわかり、強い意志を感じた」(58歳東京・経営者)、「元キャスターということもあり、的確な発言をしているから。ズバッと言ってくれてスッキリします」(18歳石川・学生)

 青山学院大学在学中に芸能界デビューした蓮舫。情報番組や報道番組でメインキャスターを務めた。私生活では'93年に結婚し、'97年には男女の双子を出産している。

 '04年に行われた参議院選に出馬し、初当選を果たした。国会では厳しい言葉で与党を追及しているが、母親としては24歳の長男を溺愛。

「息子さんはアイドルグループで活動をしているのですが、テレビ出演は録画して全部見ているそう。ドラマ出演をしたら撮影現場に駆けつけて挨拶したこともあったそうです」(スポーツ紙記者)

親子ツーショット(蓮舫インスタグラムより)

 優しい母親としての一面もあるけれど、男性中心の政界で戦う姿にほれぼれする人が多いよう。ただ『嫌いな議員』でも3位にランクイン。

「大嫌いです。いつも怒鳴り散らすだけのイメージ」(47歳神奈川・専業主婦)、「2位じゃだめなんですか!って、事業仕分けのときに言っていたが、誰でも1位は取りたいでしょ」(43歳香川・その他)

 強い発言はときにヒステリックにも見られてしまう!? 昨年には長年連れ添ったジャーナリストの夫と離婚。子どもたちも手が離れ、政権獲得に邁進していく覚悟なのかも。今後の政治活動に期待したい。