京都アニメーション制作のアニメ作品『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が、
日本テレビ系の映画放送枠『金曜ロードショー』で10月29日、11月5日の2週にわたり、放送される。

『金曜ロードショー』は特に視聴者が多いとされる時間帯「ゴールデン・プライムタイム」に放送される番組とあって、'85年の放送開始よりラインナップとしては主にファミリー層向けの映画作品が選ばれてきた。

「京アニ」作品放送のウラで事件に進展

 ところが『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は他局で、しかも深夜の時間帯に放送されたアニメ作品であることから、異例の抜擢だと言える。

「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は女性作家・暁佳奈(あかつき かな)のデビュー小説を原作としたアニメーション作品。この原作小説は、京都アニメーションが主催する『京都アニメーション大賞』の小説部門において大賞を授賞し、華々しくアニメ化への一途を辿りました。

 ちなみに過去の開催回のうち、大賞を受賞したのはこの『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のみ。唯一の賞を冠した作品だけあって、その出来栄えは“京アニの全力”と評されています」(アニメ誌ライター)

 主人公は元軍人の少女・ヴァイオレット。かつての大戦で幼い頃より「武器」として扱われた過去を持ち、感情を知らず、上官からの命令だけが人生のすべて。人間らしさをいっさい持たない彼女は、戦地で大切な人から告げられた言葉「愛してる」の意味を探すため、手紙の代筆業である『自動手記人形』の仕事に就く。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式HPより

“人が人に想いを伝える”という様々な愛の場面に立ち会うたびに、彼女は心に感情を灯してゆく、というストーリーだ。

「切なくも美しい物語と、繊細な感情表現と作画が評判となり、'18年に放送されたTVシリーズに続き、'19年には『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』が劇場公開されました。今回は、地上波放送の特別編集版と、この外伝が2週連続で放送されます」(同・前)

 そんな話題作が放送される中、この作品と因果の深い事件がまたひとつ、わずかながらも進展を見せている。

 京都アニメーション放火殺人事件、通称「京アニ放火事件」である。