キャッシュレス化が進み、お財布の選び方や付き合い方が今までとは大きく変化! そこで今回は台湾No.1占い師の運気爆上げの達人が、“お金が巡る使い方” “金運財布の選び方、買い方”をみなさまに伝授! お財布を自分のお守りやパワースポットにして、ハッピーを引き寄せてみませんか?

◆     ◆     ◆

 台湾で人気の占術師かつ経営者でもある龍羽ワタナベさんは、お金が巡ってくる習慣について台湾の人たちに学ぶことが多いという。

台湾の高名な老師たちから四柱推命や断易などの教えを受けた龍羽ワタナベさん 撮影/山田智絵

「お金の巡り」を意識する

「台湾では大人になって割り勘で飲むということは、ほとんどありません。その場でお金をいちばん持っている人がいつの間にか払っていて、ときにはレジの前で伝票の取り合いになることもあるくらいです。

 人に奢ること(人のためにお金を使うこと)=徳を積むことと考えているので、寄付も惜しみません。お金を持っている人が、困っている人を助けてあげるのは当たり前だと考えているのです。

 お金を稼ぐことに対してハングリーですが、決してお金を貯め込むわけではなく、周りの人にお金を回していくことでお金持ちになれると考えているので、お金を出すことへのためらいがないのです」

 一方、日本ではお金の話をするのは、はしたないという風潮がある。

「お金持ちは悪いことをして儲けているに違いないと思っていたり、お金を使わないことで、貯めようとする人も少なくありません。

 しかし、お金の巡りをよくするためには、お金を使って、経済を回して、その結果、給料がアップして、使えるお金が大きくなるといったサイクルが必要です。

 コロナ禍が落ち着いたら、みんながお金を使うことで、国を豊かにし、その恩恵が国民に還元されることが、大きな金運アップの道筋となります」