「年金だけじゃとても暮らしていけない……!」そんな声をよそに、月に5万円の年金だけで毎日を楽しく生きる女性がいる。食費は月1万円。余ったお金は貯金にまわし、総額は200万円にも。話題の人気ブロガー女性の「おひとりさま節約生活」に密着!

楽しい節約でムリなく貯める!

 70歳の人気ブロガー紫苑さんは、現在ひとり暮らし。5年前から年金生活がスタートしたが、フリーのライターだったため、加入していたのは国民年金のみ。毎月の支給額はわずか5万円弱だ。

 年金生活の前までは家賃13万円の都内の賃貸住宅に住んでいたが、家賃を払い続けることに不安を覚え、同じく都内の築40年以上の中古住宅を貯金で購入。年金の範囲内でやりくりする生活を始めた。

「食費をきっちり節約し始めたのは、コロナ禍がきっかけです。外食することもなくなったので、自炊でどこまで食費を抑えられるか、実験的に始めてみました。食費がどんどん減っていくことがゲームみたいに楽しくなって、今ではすっかり節約にハマっています」(紫苑さん、以下同)

 食費は月1万円ほどですませているが、決して貧弱な食生活ではない。スーパーで買った食材で朝昼晩きちんと食事を作り、好きなスイーツを楽しんで、おいしいコーヒーも飲んでいるという。以前は胃もたれに悩まされていたが、規則正しい食生活に変えたことで、身体にパワーがみなぎり元気にもなったそうだ。

「若いときより元気かもしれません(笑)。以前は子どもが好きなから揚げやパスタなど、がっつり系の食事が多かったのですが、子どもも自立して今は自分のためだけに食事を作れるようになりました。健康に気を使えますし、食費も以前の半分以下になって貯金も増えたんです」

 不用品をフリマで売った金額も加えると、5年間の年金生活で貯めた金額はなんと約200万円! 定期預金とは別の老後資金が増えたことは安心感にもつながっているという

「月5万円というあまり余裕のない年金生活は開始当初はとても不安でしたが、食費1万円台でもやっていけることがわかったので不安は少なくなりました。決して余裕のある生活ではありませんが、工夫たっぷりの節約暮らしは楽しいですよ」と微笑む。そんな紫苑さんの詳しい月の収支と“食費1万円生活”の秘訣を紹介しよう。

■紫苑さんのココがすごい!

・食費は月にたった1万円!「節約食」でも楽しい&おいしい毎日!
・月5万円の年金生活でやりくりし、余ったお金は貯金。その額は5年で約200万円!

 ■紫苑さんの1か月の収支大公開!(2021年10月)

<収入>
国民年金 49,456円
<支出>
食 費(米代、酒代含) 11,564円
外食費 1,500円
光熱費(水道代含) 7,392円
通信費 7,560円
医療費 600円
交通費 3,000円
雑 費 5,000円
合 計 36,616円
余った12,840円は貯金!

「この月は食費が1万円を少し超えていますね。医療費は歯のメンテナンスで、通信費はスマホやケーブルテレビ料金。雑費は100均の購入費などです。家計はレシートで管理していて、余ったお金は貯金にまわしています」