「栄一も晩年になり80歳、90歳くらいになってくるとやっぱり演じるのが難しいです。あまり年齢を意識しすぎると、彼の持っている勢いみたいなものが落ちてしまう。

 栄一は置かれている立場がどんどん変わっても、情熱を持ってときに空回りしながらやっていくスタイルは最後まで変わらないんです。あくまで第1回から続いているエネルギーは最後まで持っていたいので、そこをいちばんに考えて演じています」

三野村愛が画面から滲み出た!?

 12月26日の最終回に向け、さらなる怒濤の展開で盛り上がりを見せる『青天を衝け』。クランクインから1年以上。13歳から91歳までの栄一を演じる吉沢は、楽しさとともに寂しい気持ちも味わっているそう。

大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合 日曜夜8時〜ほか)

「最初から一緒だったのがもう喜作(高良健吾)だけなんです。みんないなくなっちゃったから寂しさも感じています。別れのシーンはどれも印象的ですが、やっぱりお千代(橋本愛)の死は急すぎたしつらかったです。撮影も亡くなるシーンが最後だったんです。当初からずっと支えてくれたお千代が、これを撮ったら終わってしまうんだという寂しさで、現場では号泣してしまいました」

 明治編に入りクセのあるライバルたちが続々と登場したが、吉沢自身はこの人物とのシーンに気持ちが昂ったと話す。

「イッセー(尾形)さん演じる三野村です。クセの強い栄一をあそこまで振り回すことができる数少ない人物だったので、お芝居をしていて楽しかったです。

 何といっても、イッセーさんのコミカルで憎たらしい芝居は本当におもしろかったですし、めちゃくちゃ刺激になりました。僕自身、三野村という人物が好きになったので、もしかするとその愛が画面から滲み出ちゃっていたかもしれません(笑)」