「議員の政治的な実力ではなく、資質が問われた1年でしたね。政策や政治的なビジョンを議論する以前の次元の低い問題ばかりが起きた」

 政治に詳しいジャーナリストの大谷昭宏さんは呆れた口調で話す。今年も各地で政治家の不祥事が相次ぎ、多くの『お騒がせ議員』がカメラの前で頭を下げた。

有権者を裏切る身勝手さ

「政治とカネ」よりもその人の人間性が表れるようなケースが目立った。暴言や女性問題、コロナ禍の緊急事態宣言下での飲み会の参加やノーマスクで議会に出席。さらには無免許運転で当て逃げをしたり、盗撮で逮捕されたり……。

 貴重な1票を投じた有権者たちの思いを踏みにじるような行為の数々。辞職勧告された議員も少なくない。

 その1人に大分県臼杵市の若林純一市議がいる。

 若林市議が起こしたのは「鼻マスク」騒動だ。

 続くコロナ禍。感染拡大を防ぐため、公共の場でのマスク着用はマスト。だが、同市議はマスクから鼻を出した状態で委員会などに出席。委員長からマスクを正しく着用してから発言するよう求められてもそれを拒否した。

大分県臼杵市・若林純一市議(おおいたNPO情報バンク「おんぽ」Webサイトより)

 それどころか11月30日の議会には「ノーマスク」で参加。議長から注意されても無言を貫き、退廷を命じられても無視。議会が中断した。市議は記者の質問に対し、「退廷させられるだけの理由とは思えないので退席しなかった」と憤りをみせており、平行線をたどっている。

 臼杵市のマスク騒動は続きそうだ。

 さらに日本中を怒りの渦に巻き込み、その進退が注目された木下富美子前東京都議

逃げ回った末の辞職

 今年7月、都議選最中に無免許運転で人身事故を起こしていたことが発覚。さらに免停期間中なのに6回も無免許運転をしていたという。

 都議会は事情を尋ねようと召喚状を送付したが体調不良を理由に本人は現れなかった。さらに2回にわたって辞職勧告を決議したが雲隠れを決め込んだ。

 しかし、11月22日、ついに辞職を表明した。だが問題はその際の会見。木下前都議は「仕事がしたくて、議員継続を望んでいるにもかかわらず仕事をさせてもらえない」「理不尽な現実に悩んだ」などと恨み節をさく裂。物議を醸した。

 その様子は'14年政務活動費をめぐる問題で会見を開いた野々村竜太郎兵庫県議(当時)を思い出させた。