コロナ禍の東京五輪開催や、選挙率の低い総選挙など慌ただしく過ぎた2021年ももう終盤。華やかな芸能界でも、人気を獲得して“上がった人”もいれば、失言やスキャンダルで“下がった人”もいる、浮き沈みが激しい1年だった。

 そこで今回は、作家としては日本屈指の芸能界ウォッチャーの岩井志麻子先生と、タレントの徳光正行さんのおふたりが週刊女性に集結。今年の芸能界を総括してもらいました!

評価が爆上がりな人たち

 まずは“2021年上がった人”。生き馬の目を抜く芸能界で、高評価を得たのは?

●加藤綾菜

 今年6月に結婚10周年を迎えた加藤茶・綾菜夫妻。結婚当初は驚異の“45歳の年の差婚”に対し、“財産目当て”“保険金目当て”などと激しいバッシングを受けていた。しかし彼女が「介護福祉士実務者」の資格を取得すると、評価が一転。高齢な夫の健康を支える妻として注目を集めている。

加藤綾菜さんと加藤茶さん、今年で結婚10周年!

徳光 加藤夫妻は、本物の純愛ですよね。綾菜さんは加トちゃんのことが大好きなんだろうな。

岩井 もしかしたら彼女の好みなのかもしれないね。「とにかく巨乳の女性が好き!」という男性がいるのと同じで「とにかく枯れきった加トちゃんが好き!」なんでしょうね。

徳光 たしかに、加トちゃんが可愛くてしょうがないという気持ちが伝わってきます。

岩井 紀州のドンファンも、綾菜さんみたいな女の子と巡り合えてたら、結末は違っただろうね……。

徳光 確かに……。

 加トちゃん夫妻の穏やかな幸せが末永く続きますように。

●田中みな実

 2年前、50万部を突破したファースト写真集を皮切りに、ドラマやバラエティーで活躍するフリーアナウンサーの田中みな実。今年は主演映画も公開され、その人気は天井知らずだ。情報番組で共演し、彼女の素顔をよく知る徳光さんは「田中みな実フィーバーは必然」と語る。

田中みな実

徳光 みな実ちゃんは自分磨きをしっかりしていて、21時以降は何も食べないし、どんなに楽しい飲み会でも22時には帰るんですよ。昔はぶりっ子キャラといわれて女性の敵だったけど、今は完全にファン層が女性ですよね。

岩井 見事に女性を味方につけたよね。裏の努力が伝わったんだろうなあ。私が気になっているのは、かつて一世を風靡(ふうび)した女子アナ・脊山麻理子さんは、田中さんと違ってなぜ過激になり続けているのか。

徳光 令和に脊山さんの行く末を気にかけてるのは、たぶん岩井先生だけですよ! 双方を知る僕としては、ふたりは完全に正反対のタイプです。例えば、みな実ちゃんは女性向けメディアでは脱ぐけど、脊山さんは男性誌ばかりで脱ぐし、いろんな男性としょっちゅう週刊誌ネタになっている。ここに大きな差があります。

岩井 なるほど、令和で生き残るには“努力”と“清潔感”と“同性の味方”。この3つがポイントなのね。

 三拍子がそろった田中みな実の熱狂時代は、来年も続く?