「東京五輪・パラリンピックの開催がずれ込んだ今年、もう1度彼らが揃ってステージに立って、オリンピアンと一緒に『カイト』を歌うことができたら……。これは高視聴率間違いなしの“超目玉”になったのは間違いない。NHKとしては、何とか5人揃って出演してほしかったと思いますよ」(スポーツ紙芸能デスク)

 12月31日放送の『第72回NHK紅白歌合戦』に、2年ぶりに観覧客が戻ってくる。今年はNHKホールが改修中のため、東京国際フォーラムが会場となる紅白を盛り上げる柱は、なんと言っても『2020東京五輪・パラリンピック』。日本中に感動を与えた多くのメダリスト、オリンピアンの出演が予想される。

 今夏、連日にわたって熱戦の模様を放送したNHKだけに力の入れようは相当なもの。より視聴者を引きつける企画が用意されているのだが、五輪・パラを演出するにあたって外すわけにいかないのが、嵐が歌った放送テーマソング『カイト』。冒頭の芸能デスクも期待していたのが、当初描かれていたであろう青写真。

「正式決定した出場歌手のうち、紅組が23組であるのに対して白組は22組とひと枠少ないのですが、これは“サプライズ”枠として見なされていたとも。このひと枠、また五輪・パラの特別枠を使っても実現させたかったのが嵐・一夜限りの復活でしょう。しかし、断腸の思いで活動休止に踏み切った5人。特に大野智の意思は固く、現状は芸能界復帰する意思がないと見えます。残念ながら、サプライズはなさそう」(同・芸能デスク)

 結局、12月25日に松田聖子の出場辞退というハプニングもあって、これで紅組と白組の出演者は同じ数に。その2日後には、新たに男性4人組の音楽グループ『ケツメイシ』が特別枠での初出場が発表されたのだが、彼らが最後の“ひと枠”だったのだろうか。

恋人を“京都の母”に紹介した大野

映画の舞台挨拶では相葉雅紀が大野智の存在もアピール

 嵐・復活が叶わない伏線はあった。11月26日に公開された、嵐のライブ映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』に先駆けて、11月3日の先行上映会にサプライズで登場した櫻井翔、二宮和也、相葉雅紀、松本潤。約2年ぶりに顔を合わせたメンバーであったが、そこにリーダー・大野智の姿だけがなかった。

 それでも「大野さん含めて5人で飲んだ」「生きてたんですよ、あの人」「皆んなに会えて嬉しかった」と、あらためて“5人で嵐”であることを強調したメンバー。そして大野から預かったというメッセージを櫻井が代読。

どうも~お久しぶりです!1日中何もしないでソファーで過ごす日とかあります。すいません。カレーは最近ではバターチキンカレー作ったりしてます。寝る時間は早い日で夜10時に寝て朝4時に起きたりします。でも元気に生きてますのでご安心を

 4人がソロとして活躍を見せる一方で、芸能活動そのものをストップして“休息の日々”を満喫中の大野が、久々に世間をにぎわせたのが4月のこと。新恋人との京都旅行を『女性自身』が写真付きで報じたのだが、立ち寄ったのが大野がジャニーズJr.時代に寝泊まりした旅館だった。