12月23日に88歳の誕生日を迎えられた上皇陛下。2021年9月3日に、確かな記録が残るとされる歴代天皇の中で最高齢だった昭和天皇の長寿記録を更新。歴代天皇として初めて米寿をお迎えになる。

「上皇陛下についての'21年のニュースで印象深いのが、退位後初となるハゼに関する論文の発表です。長年研究されているハゼの分類について、今年5月に2種類の新種の発見を論文で発表されました。

 また、10月20日に87歳になられた美智子さまと、おふたりで朝と夕方にお住まいの庭を散策されたり、朝食後には1冊の本をご夫妻で音読するなど、お互いをいたわり合い、支え合いながら、穏やかな日々を過ごされています」(上皇職関係者)

 '21年は、初孫の眞子さんが結婚して皇室を離れるという出来事もあった。

「眞子さんは結婚前日、上皇さまご夫妻のお住まいを訪問し、1時間以上滞在されました。退出時にはご夫妻は車寄せまでお見送りに。美智子さまが眞子さんを無言で抱きしめられるひと幕もあり、感動的な場面だったそうです」(同・前)

 現在バリアフリー化など改修工事中の赤坂御所。終了するとご夫妻の新たなお住まい『仙洞御所』に生まれ変わる。ご結婚後33年間お住まいになった思い出の地で、また静かで穏やかな日々を過ごしていただきたいーー。

 今回、米寿となられた上皇さまと、ずっとそばで支えてこられた美智子さまは常に国民に心を寄せられてきた。おふたりのこれまでを、『週刊女性』が撮りためてきた思い出の写真たちと振り返るーー。

◆秘蔵写真で振り返る上皇ご夫妻

●昭和34年4月、ご成婚の日に十二単姿で記念写真を撮影を。

昭和34年4月、ご成婚の日に十二単姿で記念写真を撮影される上皇ご夫妻。

●昭和36年6月、神奈川・葉山でのご静養中、海岸を歩かれる上皇ご夫妻と、まだ幼い天皇陛下。

昭和36年6月、神奈川・葉山でのご静養中、海岸を歩かれる上皇ご夫妻と、まだ幼い天皇陛下

●昭和36年10月、富山・天狗平で雄大な立山をご覧になる上皇ご夫妻。

昭和36年10月、富山・天狗平で雄大な立山をご覧になる上皇ご夫妻。