メルカリやラクマなどの影響で2次流通市場が拡大中。しかし、これらの“客”は基本的に「日本国内」限定の話。世界に目を向ければ、商圏が何倍、何十倍と広がる。パートでは難しい金額を海外通販で稼ぐ主婦がいる。月30万円の利益を上げる彼女に聞いた“稼ぐコツ”。海外で売れる“宝物”は、案外あなたの家に眠っていたり、日本で二束三文で埋もれている……かも?

 コロナ禍もあり、新たな働き方が模索されている昨今、副業・兼業を検討している人も少なくない。副業でも兼業でも、まとまった額を稼げたらどれだけ生活が楽になるか。それを実現している主婦がいる。

 水野恵子さん(仮名)・45歳。彼女は主婦として家庭を守りつつ、パートなどはせず“家庭”にいたまま月に30万円程度稼ぐ。水野さんが暮らすのは東北地方の人口10万人に満たない地方中小都市。この立地が示すのは、モノと機会にあふれた都会でしかできないことではなく、どこに住んでいてもできるということ。

 その方法は海外通販だ。『eBay(イーベイ)』という、世界最大級の越境EC(電子商取引)・ネットオークションサイトがある。こちらに商品を出品し利益を得ている。

「よく売れるのは、日本アニメのフィギュア、プラモデル、ぬいぐるみ、K-POPグッズ、あとは日本工芸品、海外のビンテージ人形などですね」(水野さん、以下同)

ポケモンのフィギュアセット(画像はeBayより)
東京ディズニー・シーのぬいぐるみ(画像はeBayより)
銅花瓶(画像はeBayより)

 そのような“売れ筋”の選び方とは。

「まずはeBayのサイトを見て、過去に販売された商品をリサーチして売れ筋を見極める。フィギュアの場合は日本で発売間近のものを確認する。また、コンビニで売っているハズレなしでキャラクターグッズが当たる『一番くじ』のグッズは、海外からは手に入れづらいのでチェックします」

 これまでいちばん利益率が高かったのは、『ファイナルファンタジー』のぬいぐるみセット。仕入れ値は1000円、利益は20367円。海外でモノを売るうえでのコツとは。

「販売実績が多いセラー(売り手)をチェックして売れている商品を探します。あとは過去90日間で売れた商品をカテゴリー別に探し、複数売れている商品を特定します。その商品から、さらに色違いや年代別、キャラ違いを出品するというやり方はよくしています」

“言葉の壁”はないのか。

「翻訳アプリなどを使いつつ、中学校レベルの簡単なテキストでやりとり可能です」

 仕入れから出品、販売、入金までの一連の流れは?

「売れそうな商品が見つかれば、現在売りに出されている同じ商品の最安値を調べて利益計算し、利益が15%を超えればその価格で出品。商品が発送完了される前には、eBayと連携している外貨決済プラットフォームを経由して、販売手数料などもろもろの手数料を引かれた分が入金されます。配送のラベルはeBayの管理画面と連携している無料の管理ツールを使用しています。英語で宛名入力しなくても自動で宛名ラベル印刷となるので楽です」

 また、仕入れをせずに販売をスタートする場合も。

「商品を購入せず、無在庫で出品する場合は、販売価格は最安値より1ドルほど下げて出品。売れたら販売先より仕入れます」

 海外での利益となるため、円相場も関係してくる。

「売上金はレートの高いときに指定口座に送金します。私の場合、海外口座があるためそこに移してから、さらに海外送金プラットフォームより、日本口座に送金。今は円安なのでかなりお得です」