松本潤(38)が主演を務めた人気ドラマの劇場版『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』が、昨年12月30日に全国公開した。その前日にはスペシャルドラマ『99.9-刑事専門弁護士- 完全新作SP新たな出会い篇~映画公開前夜祭~』が放送され、さらには2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』への出演も控えている。

 二宮和也(38)も負けていない! 2022年1月3日に放送されたフジテレビ系新春スペシャルドラマ『潜水艦カッペリーニ号の冒険』で主演を務めるなど、嵐としての活動を休止してからも、俳優としての活動が盛んだ。

嵐の好きなドラマランキング

 そこで今回、「嵐が出演する好きなドラマは?」と題したアンケートを実施。10代〜70代の男女1000人に回答してもらった。

第10位(23票):『ブラックペアン』二宮和也

『ブラックペアン』(番組公式インスタグラムより)

 二宮和也主演『ブラックペアン』(2018年TBS系)が第10位。海堂尊の長編小説『新装版 ブラックペアン1988』(講談社刊)をテレビドラマ化した本作で渡海征司郎役を演じた。2018年4月クールの『日曜劇場』(TBS系)で放送された。

 二宮が演じたのは、天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海征司郎。大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員だ。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢(あつれき)を常に生んでいる。

 そんな渡海が務める東城大学医学部付属病院に、新任の医師が「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具を持ち込む。

 技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器だが、本当に機器に任せることができるのか? 機器の使用を巡り、外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメントドラマ。

 二宮のほか、竹内涼真や葵わかならフレッシュな面々のほか、小泉孝太郎、内野聖陽、市川猿之助らが出演した。

第9位(27票):『フリーター、家を買う。』二宮和也

 またもや二宮主演作『フリーター、家を買う。』(2010年フジテレビ系)が第9位に。有川浩の同名ベストセラー小説を原作とし、フジテレビ系にて2010年10月クールに放送された。

 二宮が演じたのは、3か月で仕事を辞め、夢なし、貯金なし、かい性なしのフリーター・武誠治役。その気になればいつでも働けるという甘い考えのまま家にひきこもっていた誠治だったが、母親のうつ病発症をきっかけに、仕事に対する思いや、家族再生の希望をみつけていく。家族の大切さに改めて気付かせてくれる社会派ホームドラマ。

二宮君の活躍が頼もしく、お金にこだわりを持つ一方、誰にもできない手術を成功させる姿に感動しました」(60代、女性)

腕は立つが変わり者の役をしっかり演じていたと思う。ストーリーも医療と謎ときの部分があっておもしろかったから」(60代、女性)

 二宮演じる誠治が働くことになる、土木現場で出会う明るくたくましい先輩で、彼が「もう一度、立ち上がろう」と思うきっかけを作ったヒロイン・千葉真奈美役を香里奈が好演した。