第8位(37票):『山田太郎ものがたり』櫻井翔

 櫻井が御村託也役で主演を務めた『山田太郎ものがたり』(2007年TBS系)が第8位にランクイン。『月刊Asuka』(角川書店刊)にて連載された、森永あいによる同名漫画が原作。

 2007年7月クールにTBS系にて放送された。また本作は二宮とのW主演作となっており、二宮は山田太郎役を、櫻井は御村託也役で出演している。

 成績優秀・眉目秀麗・スポーツ万能で学園唯一の特待生でもある太郎は、生徒たちからはどこかの御曹司だと思われているのだが、実は超ド貧乏。私生活を明かさないクールな魅力で女子生徒を魅了する御村託也と人気を二分する人気者だ。

 そんな太郎が一癖も二癖もある周囲の人物に振り回されながらも愉快に人生を謳歌していく姿が描かれている。

コミカルでありつつも観る人に元気や希望を与えてくれるから」(20代、女性)

多部未華子とのかけあいが楽しかったから」(20代、女性)

 ヒロイン・池上隆子役を演じた多部未華子は、本作が連続ドラマ初出演となった。

第7位(47票):『流星の絆』二宮和也

 再び二宮主演作『流星の絆』(2008年TBS系)がランクイン。第7位は、2008年上半期小説部門売り上げ No.1を叩き出した東野圭吾の本格的ミステリーを原作とした『流星の絆』。2008年10月クールのTBS系金曜ドラマ枠で放送された。

小学生のときに両親を何者かに殺された3人の兄妹、有明功一(二宮)・泰輔(錦戸亮)・静奈(戸田恵梨香)の3人は、それ以来ずっとお互いの絆だけを頼りに生きてきた。

 養護施設で過ごした幼少期、相次いで詐欺にあったことから、いつしか自らも詐欺を働くように。そんな中、洋食チェーン御曹司の戸神行成をターゲットにするのだが、静奈が行成に好意を抱くように。

 しかし彼の父親の政行が、両親が惨殺された時間に家から出てきた人物に似ていることに気付き……。両親殺害の時効が迫る14年目に真犯人を追い詰める復讐劇が描かれた。

家族の絆が描かれており、感情移入して楽しめたから」(60代、男性)

3人の兄弟の距離感や絆の感じがとても好き。初めは楽しい感じで面白く、ストーリーが進むにつれ、どんどん真相に近づくのが良い。曲もとても良い」(15歳以上、女性)

 二宮、錦戸、戸田の熱演に視聴者は夢中になった。さらに、行成役は要潤、3人を見守る刑事役に三浦友和と、豪華俳優陣も魅力的だった。

第6位(52票):『怪物くん』大野智

『怪物くん』(番組公式ホームページより)

 第6位は、藤子不二雄Aの往年の名作をまさかの実写ドラマ化した『怪物くん』(2010年日本テレビ系)。大野主演で2010年に日本テレビ系4月クールに放送された。

 時を遡ること百年――。長きに渡り続いた“怪物界VS悪魔界”の戦いは、怪物大王の一撃により終止符を打った……かに見えた。時は経ち、平和が訪れた怪物ランドにて、王位継承式が行われていた。

 しかし、やんちゃな王子とドラキュラ、フランケン、オオカミ男は怪物大王より突然「人間界への修行」を命じられてしまう。そんな怪物くんとお供が繰り広げる愉快痛快・奇々怪々な物語。

原作がちょっと好きで、何となく見てみたら面白かったので」(50代、男性)

大野君がはまり役だと思ったので。周りのメンバーのキャラクターが濃くて、見ていて楽しい気持ちになるので」(30代、女性)

 同局初主演となった大野が怪物くん役を務めたほか、怪物大王役に鹿賀丈史、ドラキュラ役に八嶋智人、オオカミ男役に上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、フランケン役にチェ・ホンマンなど、個性豊かなキャスティングにも注目が集まった。