「諦めないでやってきて、よかった」

 '21年12月19日、漫才日本一を決める『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)が開催され、錦鯉が過去最多6017組の頂点に立ち、17代目王者に輝いた。

M-1優勝を機に引っ張りだこの錦鯉

「“こ~んにちは~”というつかみの挨拶でおなじみのコンビ。史上最年長での優勝ということで、所属事務所には取材や仕事の依頼が殺到しているそう。スタッフたちの携帯電話も鳴りやまず、うれしい悲鳴をあげています。優勝を受けて急きょ、1月9日にTBS系のドキュメンタリー番組『情熱大陸』の放送も決まりました」(スポーツ紙記者)

 ボケの長谷川雅紀が40歳。ツッコミの渡辺隆が33歳のときに結成した苦労人コンビだが、北海道と東京で別々にお笑い人生をスタートさせた。

 専門学校を中退後、地元・札幌の劇団に入り5年ほど活動していた長谷川。高校の同級生に誘われ、23歳のときに札幌よしもとでデビュー。

 地元のテレビ局やラジオ局でレギュラー番組を持ち、北海道では知られた存在になる。

『週刊女性』のインタビューを受ける錦鯉

当時から倹約家でしたね。芸人仲間とハンバーガー店に入ってもドリンクだけしか頼まず、スーパーで買った安いメロンパンを食べていましたから(笑)。あとバカがつくほどお人よしで、後輩の悩みをよく聞いてあげていたのが印象に残っています」(札幌よしもと関係者)

『M-1』でも披露していた“ノリノリマサノリダンス”は、地元の情報番組でレポーターをしていたころに誕生したものだという。

「コンビを解散し、ピンになった'01年から1年間、『ハセガワフライデー』という話題のスポットを紹介するコーナーを担当。もともとは、その中で衣装チェンジをする際に踊るダンスでした」(同・札幌よしもと関係者)

 地元ではスター街道を歩んでいたものの、コンビを再結成すると、元相方に誘われ30歳で突然、上京してしまう。