北条家と主な登場人物

北条義時、小栗旬/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』
【写真】『鎌倉殿の13人』激動のストーリーを先取り!

●北条義時(小栗旬) 伊豆の平凡な武家の次男坊。野心とは無縁の男だったが、姉の政子が頼朝と結婚してから一変。頼朝の右腕となり、癖のある武者たちの間を奔走。のちに鎌倉幕府二代執権にまで上り詰める

北条時政、坂東彌十郎/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

●北条時政(坂東彌十郎)義時の父で平凡な田舎侍。武芸に長け家族思いで、いざというときは頼りになる男。後妻・りくと天下取りの大勝負に挑む

りく(牧の方)、宮沢りえ/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

●りく(牧の方)(宮沢りえ)義時の義母。京の都で時政に見初められ、伊豆に下って後妻になる。時政の出世欲をあおり、いつか都に戻ることを狙う

北条宗時、片岡愛之助/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

●北条宗時(片岡愛之助)若者らしい野心を胸に秘める義時の兄。源氏の貴公子である頼朝を旗頭に平家打倒を目論む。理想家にして熱血漢

北条政子、小池栄子/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

●北条政子(小池栄子)頼朝と出会ってひと目惚れし、やがて結婚。献身的な女性で、北条家を弟の義時とともに支えていく。のちに尼将軍として君臨

源頼朝、大泉洋/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

●源頼朝(大泉洋)ライバルだった平家に一族を滅ぼされて流罪に。伊豆で監視されながら孤独な生活を送っていた。のちに鎌倉幕府初代将軍となる

八重、新垣結衣/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

●八重(新垣結衣)豪族の伊東家の娘で、頼朝の最初の妻。義時の初恋の人でもある。平家を恐れる父と愛する頼朝との間で板挟みになり苦悩する悲運の美女

三浦義村、山本耕史/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

●三浦義村(山本耕史)義時のいとこで生涯の盟友。性格は冷静沈着で、頼りがいのある知恵もの。義時を波乱に巻き込む頼朝を実は危険視している

梶原景時、中村獅童/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

●梶原景時(中村獅童)謎多き武将で、源頼朝と敵対し追い詰める。周りに無骨な者が多い中、和歌を好んだりと教養も高い。ときにリアリストで冷徹な一面も

源義経、菅田将暉/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

●源義経(菅田将暉)頼朝と生き別れた弟。性格は欠点ばかりだが、戦場では恐るべき才能を発揮。やがて次々と奇跡を起こしていく悲劇の天才武将

後白河法皇、西田敏行/大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

●後白河法皇(西田敏行)長年朝廷に君臨。強大な権力と政治力を駆使し、源氏や平家を翻弄するなど、武士と渡り合う。文化芸術の才能も豊かな型破りな巨星