世界的に大人気な有名セレブは言うこともやることもケタ違い!? 思わず誰かに言いたくなる、ニュースやウワサまで、現地からフレッシュでホットなネタをお届けします!

ヘイトクライムの自作自演俳優に有罪判決

イラスト/高松啓二

 ギャラを釣り上げるため考え出したアイデアは、とんでもない愚策に終わった。ヘイトクライム(人種、宗教、性別、障害などを理由とした増悪犯罪)を自作自演したジャシー・スモレット(39)に、虚偽通報で有罪判決が出たのである。

 ことの発端は2019年1月。ジャシーはレギュラー出演するドラマ『Empire 成功の代償』の撮影で滞在していたシカゴで、2人組の白人男性に暴行を受けたと警察に通報した。男たちはトランプ支持者の帽子をかぶっており、ジャシーに対して人種差別、ゲイ差別の暴言を浴びせたとのこと。しかしまもなく、ジャシーを襲った2人組は、彼に頼まれた黒人男性だったことが判明!

 その動機はギャラのアップであったよう。差別に対して毅然と立ち向かうヒーロー的イメージを得ることで、ドラマにとってより重要な存在になろうとしたもようだ。彼はまた、嘘の事件の捜査にふりまわされたとして、シカゴ市から民事訴訟を起こされてもいる。まさに自業自得!

●ジャシー・スモレット
 カリフォルニア州出身。『ノース/ちいさな旅人』『エイリアン:コヴェナント』などに出演。歌手としても活動。2015年、ゲイであることをカミングアウトした。妹ジャーニーも映画、テレビで活躍する。