世界各地で上演された名作ミュージカルが日本初上陸。男性同士の恋愛劇を演じる平間壮一&小関裕太は小学生の頃からの付き合い。ズボンを後ろ前にはいて踊っていた平間&カーテンで服を作っていた中学生の小関。そんな2人は……大人になっても、やっぱりヘン!?

小関&平間、2人の共通点

男性が男性を好きになる理由って、男にしかわからない部分をわかってもらえるからという点もあると思うんです。裕太とは古くからの付き合いでよく知っているから、この2人でやる意味がそういう面からも出たらいいなあと

 と語るのは平間壮一(31)。ミュージカル『The View Upstairsー君が見た、あの日ー』で、現代から突然1973年にタイムスリップしてしまう主人公のウェスを演じる。

 そして、突然現れたウェスにひかれていく若き男娼・パトリックを演じるのが小関裕太(26)。物語は、ニューオーリンズに実在した「アップステアーズ・ラウンジ」という同性愛者クラブで、1973年に実際に起きた放火事件が題材となっている。

小関僕は、見た目はもちろんだけど、“きれいになりたい”という思いをつくっていきたいなと思って。メイクが好きな男友達に“どうやったらきれいになるの?”と聞いたりしました。そしたら“もう十分きれいだから大丈夫だよ~。でも教えるね~”と言ってくれて(笑)

平間昔から、裕太はいつもかわいいよ!

 小関が小学生のころからの付き合いという2人だけに、仲のよさもばっちりだ。

平間「裕太のこと、最初は宇宙人だと思っていた。すごく自分の世界を持っていたから。あと昔からまじめだよね。役のイメージの服をカーテンで作って稽古着にしていたでしょ」

小関裕太(26) 撮影/高梨俊浩 スタイリング/吉本知嗣 ヘアメイク/Emiy(エミー)

小関「ああ! 中学生のときですね」

平間「主人公以外の役が決まっていなくて、やりたい役に合うような服を自分で縫ってきたんだよね」

小関「でも、その役は壮一さんがやることに決まって、悔しかったなあ!」

 そんな2人の共通点を尋ねると、「人の目を気にせず、下駄をはいて生活しちゃうようなところ」と平間。

小関壮一さんはズボンを後ろ前にしてはいていましたよね。おもしろいなと思って僕もちょっとやってみたけど、はき心地が悪くて断念。壮一さんはそれでバリバリに踊っていて、すごいなあと思いました

平間けっこう下げていたからね。自分を出したくてやっていたというのは、裕太のカーテン服と同じかも。ヘンなの、俺ら(笑)。でも、裕太は最近すごく大人になったよね

小関わあ、うれしい!!

平間大人感でいうと、追い越された気がするもん

小関それはないですよ!(笑)