怖いけどハマる、全世界1位を記録した韓ドラの大人イケメン2トップが熱い!『地獄が呼んでいる』魅力大解剖、 哀愁のカリスマ教祖vs妻子命の報道マン……あなたはどっち派?

カリスマ教祖と普通の報道マン

 昨年11月19日に配信がスタートし、瞬く間にNetflix全世界ランキング1位の視聴時間を記録した韓国ドラマ『地獄が呼んでいる』

 ソウルの街なかに突如、巨大な3体の怪物が現れ、男性を攻撃し焼き殺す―という衝撃的なシーンから始まる。殺される人間は事前に「天使」から死亡宣告の預言を受けていた。この怪奇現象を神の裁きだと主張し、勢力を拡大していく新興宗教「新真理会」。圧倒的なカリスマ性を放つこの団体の議長、チョン・ジンスをユ・アインが演じている。

 ドラマは全6話。前半と後半に分かれ、4話からは新真理会が世間の圧倒的支持を得た4年後が舞台となる。生まれたばかりのわが子が死を宣告されるテレビ・プロデューサーのペ・ヨンジェ(パク・ジョンミン)。彼が後半のキーパーソンだ。

 謎に包まれたカリスマ教祖ジンスと、わが子を救うために奮闘するヨンジェ。対照的な2人の魅力を、韓国エンタメに詳しいライター・新森実夏さんが徹底解説。あなたが惹かれるのはどっち?

◆チョン・ジンス(ユ・アイン)
《目の光もシャットアウト! 哀愁ダダ漏れ♪ 新興宗教の議長》

チョン・ジンス(ユ・アイン) Netflixシリーズ『地獄が呼んでいる』独占配信中

・誰をも惹きつける圧巻の表現力

「チョン・ジンス役には、ふと漏れ出る醜い内面を演じる表現力が必要だ。ユ・アインならうまく演じられると思った」今作の監督で、原作となったウェブ漫画『地獄』の共同執筆者(原作)でもあるヨン・サンホが語るとおり、圧倒的な吸引力で視聴者を引きつけ前半パートを牽引したユ・アイン。

 新森さんも「彼の演技力への評価はとても高い」と語る。

作品性を重視する芸術家肌タイプ。難役やクセの強い役柄を演じることが多いのですが、彼ならではのカリスマ性で魅力的に見せることができるんですよね。今作では、善人なのか悪人なのか、はたまた両方なのか。得体の知れない恐ろしさをたたえた演技が、カルト教団の教祖という人物像に見事ハマっていたと思います」(新森さん)