私ヤス子47歳、絶賛婚活中。仕事、プライベート問わず会う人たちに「いい人紹介してください」というのが口癖だ。

既婚者が合コンで“トモダチ”探し

 その日も編集者Yと打ち合わせを終えたあと、いつものセリフを吐いてみると……「ヤス子向けの出会いはないけど、最近、既婚者の合コンが流行ってるらしいよ」という驚きの情報が。

 なに!? ちゃんとパートナーがいるのに、さらに出会いを求めるなんて欲張りな!

 ぼっち歴5年の私は若干イラリとしつつも、どんな人々が集まっているのか見てみたい衝動にかられた。

 ちなみにYが教えてくれた合コン案件は《ランチディスコ会、見た目年齢50代くらいまでの男女既婚者募集》

 ……「見た目年齢」ってなに? 年齢不詳の“自称・50代既婚者”とか怪しすぎ……と華麗にスルーした。さぁ、他の出会いを検索!

 すると「高収入男性限定」「お酒好き限定」「アラ還限定」など、既婚者向けの合コンってこんなにあるのか、と驚くほどにヒットした。

 迷った末“既婚者のトモダチ探し”を銘打つ既婚者限定出会い系サイト大手の「銀座・40代ハイスペ男性が集まる会」をセレクト。

 日程が迫っていたこともあり、女性参加料の1500円が無料になっていて地味にうれしい。すかさず参加ボタンをポチっとして、いざ参戦! 

“既婚者合コン”会場に潜入

 会場は銀座コリドー街そばの、隠れ家風ワインバル。開始時間が16時半から約2時間ということで、店のアイドルタイム(混みあうまでの空き時間)を利用しているのだろう。38歳~59歳までの年齢制限はあるが、既婚、独身の確認はない。

今回はハイスペ男性しばりだったためか“社交的な勝ち組30代”の参加者が多かった ※画像はイメージです

 今回のヤス子の設定キャラは“夫はバー経営者で、夜の時間帯が暇なマダム。子どもナシ。生活時間帯が合わないため、しばらくご無沙汰状態”。なるべく男が食いつきそうなワードで固めてみた。

 さて、開始時間。女性はカーテンで仕切られた個室のような席に座り、男性側が動いて順に回ってくる回転寿司方式だ。

 人数は男女ともに20人ぐらいか。今回、来ていた男性は、単身赴任者が7割だった。ほぼ都内在住だったが、なかには群馬から来たというツワモノ男性も。

 男性と話せる時間は15分ずつ。自己紹介を簡単にすませ、パートナーの職業や子どもの話など家庭事情をお互いに探っていく。かんたんなワンプレートのつまみが出され、ドリンクは飲み放題だ。

 中盤に差し掛かると酔いもまわってきたせいか、「ヤス子さんはSMが好きそうですね」と、性癖の確認かと思うような質問や、配偶者との夜の営みについての会話も増えてきた。

 何度目かの男性チェンジ後、目の前に座ったのは、爽やかな雰囲気が好印象の38歳。こんな感じのいい人も既婚者合コンに来るんだなぁと思いつつ、参加経験を尋ねると「4回目です」(おい、常連やん)

 現在、仕事の関係で単身赴任中の彼。妻と子は仙台在住なので、ポッカリ時間が空いたときなどに既婚者合コンに参加しているという。