1月クールの連続ドラマが次々とスタートし、いよいよ2022年のドラマ界が幕を開けた。今年も百花繚乱、見た目麗しく個性豊かな若手俳優陣が私たちの目を楽しませてくれそうだ。

 昨年は山田裕貴、松下洸平、赤楚衛二、眞栄田郷敦、仲野太賀と実力派から、永瀬廉、松村北斗といったジャニーズのほか、イケメン、二世と幅広いカテゴリーの俳優たちがブレイクしたが、今年はどんな若手俳優が頭角を現すのだろう。長年ドラマウォッチャーとして活躍するカトリーヌあやこさんに予想してもらった。

「本命は高橋文哉さん。ブレイクってインパクトから始まると思うんですね。視聴者の心にどれだけの爪痕を残せたかということですけど、そういう意味では昨年秋クール放送の『最愛』での高橋さんは素晴らしかった。ヒロイン・吉高由里子さんの謎めいた弟役でしたが、ちょっと頼りなさげで儚げな感じが母性本能をくすぐる。そりゃあ彼のためならお姉さんも人生すべて投げうっちゃうだろうなっていう強烈な吸引力がありました。

高橋文哉

 1月クールは医療モノの『ドクターホワイト』で研修医を演じます。お調子者の愛されキャラらしいので、『最愛』とはまた違う弟属性を発揮してくれるのでは。本人のキャラもなかなか立っていて、調理師免許も持っているので、バラエティーや情報番組でも重宝されそう。ドラマや映画はもちろん、今年はいろんな分野で活躍が期待できるんじゃないでしょうか」(カトリーヌさん以下同)

ギャップ引き立つ若手俳優は

 カトリーヌさん曰く、昨今の若手俳優がブレイクするにはイケメンだけではないプラスαが必要なのだとか。『ヒルナンデス!』のような情報番組でも芸人や女性タレントのほかにイケメン枠があることでもわかるように、バラエティーで弾けられるかどうかは結構重要。番宣などで出演した際に、役を演じているときとは違う一面やギャップをいかにうまく見せられるかでその後の好感度も変わってくる。その点を考慮しても高橋さんが大本命なのだろう。

 では、続いて対抗は?

「板垣李光人さんです。彼は大河ドラマ『青天を衝け』で民部公子さまと呼ばれた徳川慶喜の弟・昭武を演じていたのですが、そのときの彼がまぁ気高く、尊い……本物の王子さまって感じで(笑)。そんな彼がこの冬出演しているのが『シジュウカラ』という山口紗弥加さんの主演ドラマ。板垣さん演じるのは主婦で漫画家の山口さんに近づく、心に闇を抱えた18歳年下の青年なんですが、“これがキラキラしていた民部公子さまと同一人物なの?”っていうくらい目に全く光がないんです。こんなにも光の出し入れができるのかって驚きました。

板垣李光人

 演出を担当している映画監督の大九明子さんは恋愛モノでもどこか不穏な画作りをする方なので、彼の濡れたようなエロさや闇の部分をうまく引き出していて、大河との対比がとても面白い。不倫モノでもあるし、奥様方のハートにかなり響くと思います」

 3番目に挙げてくれたのも、前作とのギャップが際立つような若手俳優。

「清水尋也さん。彼は朝ドラ『おかえりモネ』で清原果耶さんの同僚の気象予報士をやっていました。すごくダサかったのがテレビに出ることで垢ぬけていくという役でしたが、実際は186cmの長身で、ものすごくスタイルがいいんです。

清水尋也

 彼に初めて注目したのは15、6歳の頃で、映画『渇き』で壮絶なイジメを受ける子、映画『ソロモンの偽証』ではものすごい不良という両極端の役をほぼ同時期に演じていて、振り幅がスゴいなとびっくりしました。その後、坂元裕二さん脚本の『anone』で広瀬すずちゃんが恋する彦星という不治の病の子を演じるなど、普通とはちょっと違う役で光る不思議な存在感を持っている個性派イケメン。この冬の『となりのチカラ』で演じるのも、世間を震撼させた凶悪事件の真犯人と噂される陰のある青年という、まさに十八番の役柄。世間的には『おかえりモネ』での気象予報士の“まもちゃん”のイメージが強いと思うので、そのギャップに驚く人も多いのでは」