男も女も、全国で未婚化が止まらない。50歳までに1度も結婚していない「生涯未婚率」は過去最高に。なかでも目を引くのが高知県。国の最新調査で、東京を抜いて女性でトップに躍り出たのだ!格差から寿命にまで影響する「おひとり様社会」の知られざるカラクリとは―。

『生涯未婚率』は男女ともに過去最高

 一生結婚しない「おひとり様」が増加の一途をたどっている。最新の2020年国勢調査によると、50歳までに1度も結婚していない人の割合を表す『生涯未婚率』は男女ともに過去最高を更新。1990年以降、うなぎ上りの状況だ。

 独身研究家でコラムニストの荒川和久さんが指摘する。

※小数点第2位以下は切り捨て。配偶関係・年齢不詳を除いて算出。2020年国勢調査より 独身研究家・荒川和久さん作成

2020年の生涯未婚率は男性25・7%、女性16・4%でした。つまり男性の4人に1人、女性の6人に1人が一生独身になるということ。

 
50歳を超えてから結婚する人ももちろんいますが、未婚人口の0・1%と非常に少ない。そのため、50歳の時点で結婚していないなら一生独身とみなしているのです」

 前述の国勢調査をもとに、荒川さんに都道府県別の生涯未婚率も算出してもらった。

女性の場合、生涯未婚率は1位の高知県をはじめ西日本で高く東日本は低い“西高東低”の傾向であるのに対し、男性は真逆。岩手県を筆頭に東北勢が上位を占める結果になっています。

 なぜ女性より男性の未婚率のほうが高いかというと、未婚人口は男性のほうが多いから。ただでさえ男が余っているうえに、岩手などの東北地方では若い女性が東京へ出ていってしまうため結婚難に陥るわけです」(荒川さん、以下同)

 未婚化と聞くと、つい「若者の恋愛離れ」「草食化」といった理由を連想しがち。しかし荒川さんによれば、家庭を持つのが当たり前とされていた昭和の時代でさえ、誰もが結婚に夢を抱いていたわけではないという。

※小数点第2位以下は切り捨て。配偶関係・年齢不詳を除いて算出。2020年国勢調査より 独身研究家・荒川和久さん作成

「40年前でも、結婚に前向きな人たちは男女ともに50%程度、実は半数ぐらいしかいないという調査報告があります。それでも多くの人たちが結婚できていたのは、お見合いや紹介など、地域や会社の中に出会いを提供してくれるお膳立てシステムがあったから。

 
ところが、お見合い結婚は1965年に恋愛結婚と逆転し、いまや全体の5~6%にまで減少。

 マッチングアプリという新たな出会いのツールも登場していますが、東北などの地方では若い女性が都市部へ流出してしまい、街の中にいません。そもそも出会えないのです

 荒川さんは、未婚率の上昇は今後も続くだろうと予測。

'40年に独身人口が47%に達してピークを迎え、人口の約半分が独身という社会が到来します。見合いもお膳立ても機能しない今、婚姻率を上げたければ、地域でも職場でもない第3のコミュニティが必要。それもなるべく同年代の社会人同士が知り合える学校のようなところが理想的ですが、整備されていません」

 おひとり様が増えると、どういった影響が表れるのか?