「卑下でも何でもなく、自分は月9のヒロインにはならない人間だろうと思っていたので。そこに私を呼んでくださる方がいて、夢みたいです。本当に、各所に感謝感謝です(笑)」

菅田が“可愛い” “魅力的”と大絶賛

 初回13・6%(ビデオリサーチ、関東地区、世帯)と好スタートを切った月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』。殺人容疑をかけられた大学生・久能整(菅田将暉)は類いまれなる洞察力&分析力で嫌疑を晴らし、警察からも一目置かれるように……。伊藤が演じる新人刑事・風呂光聖子も、整にそんなまなざしを向けるひとりであり、本作のヒロインだ。

「立ち位置的にわかりやすいヒロインではないんですが、やっぱり小さいころから月9には特別な印象がありました。しかも主演が菅田将暉さん。そもそも、菅田さんとの出会いが月9の『大切なことはすべて君が教えてくれた』('11年)なので」

伊藤沙莉 撮影/渡邉智裕

 当時、伊藤は高校1年、菅田は高校3年だったという。

11年ぶりの共演がまた月9というのも縁を感じて。運命、とまで言ったら語弊があるかもしれませんが(笑)。再会の瞬間? 私たちのテンションが激低なのかわからないですけど、“ちーす”って感じで、しっとり(笑)。

 
ただ、先輩の飲みの席に行ったらたまたま菅田さんがいた、みたいな偶然はよくあったので、生存確認はしていました(笑)」

 そんな菅田は、取材会で伊藤のことを“可愛い” “魅力的”と大絶賛。

私、菅田さんに“風呂光がとんでもなくきれいな人が来たら困るところだった”って言われたんですよ。それはちょっと聞き捨てならないな、と。ずっと引きずってるんですよ!! もちろん、いい意味で言ってくださっているんですけど。……でも、ジワジワうれしいな(笑)」

 さらに、菅田は伊藤のことを“ファンだ”とも。

「そうなんですか!? ありがとうございます。うれしいな。今日のお酒はおいしいです!!」