菅田将暉が主演を務める月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)第1話の見逃し配信が、動画配信サイトTVerで民放全ドラマの初回として歴代最高となる424万回再生を記録するなど、絶好調だ。

「菅田さんは現在、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にも出演するなど、多忙を極めています。どうしても出演してほしかったフジテレビは、彼のスケジュールに合わせて1年以上前にクランクイン。すでに全話撮り終わっています。

 オミクロン株の感染拡大が芸能界にも広がり、撮影がストップする作品も出ている中、完走が確約されているという点でも、今期の“勝ち組”でしょう」(スポーツ紙記者)

“覗き屋”みたいな松潤

 視聴率や見逃し配信だけでなく、視聴者の満足度も高い月9とは裏腹に、今期は放送後に評判を落とす作品が続出している。

 視聴率は2ケタをキープしているものの、評判が散々なのが松本潤主演の『となりのチカラ』(テレビ朝日系)。『家政婦のミタ』など大ヒットドラマを手がけてきた遊川和彦氏が脚本を担当。松本演じる思いやりにあふれた主人公が、悩みを抱える同じマンションの住人たちを救う社会派ホームコメディーだが─。

《こんなのただの変質者だわ。迷惑極まりない。見ていて気持ち悪い。出ている俳優豪華なのに、ほんと無駄遣い》

 と、SNS上では主人公の行動に不快感を示す人も。

 第1話では児童虐待、第2話では認知症の祖母の面倒を見るヤングケアラー(家族の世話や介護などを行っている、18歳未満の子ども)を取り上げるなど、現代社会の問題に切り込む同作。

キャストが発表された直後は原作のファンから不満の声も上がっていた『ミステリと言う勿れ』

「児童虐待の疑いがあるとはいえ、隣人の部屋にズカズカ上がり込んだり、小学生の女の子が1人のときに声をかけたり、マンションの向かいのカフェから住人の部屋の様子を覗き見したりと、主人公は不審者そのもの。SNSで、も賛否が分かれています」(テレビ誌編集者)

 自身もマンションの管理組合の理事長を務めているライターの吉田潮さんは失笑する。

「私自身が組合理事長をやっていることもあり、このドラマには期待していたのですが、松本さん演じる主人公はただの覗き屋にしか見えず、リアリティーがなさすぎます。とにかく主人公が隣人の私生活に踏み込みすぎですね。ヤングケアラーなど社会問題をテーマに扱う意欲は買いますが、取っ散らかった感じで終わってしまう気がします」