「今回の来日で最初にやったことは、隔離です。時代が変わりましたよね。以前なら、別のことを答えていましたから」

 約2年半ぶりの取材となったSUPERNOVA(超新星)のユナク。コロナ禍でなかなか来日が叶わず、久々の日本滞在となった彼は、昨年10月に日本に到着し、2週間の隔離生活を経験。その後は、メンバーのソンジェと組んだユニット、Double Aceでミニアルバム『Crescendo』をリリースし、東京と大阪でライブを開催。そして、ソロでも名古屋、大阪、東京でライブを行い、約4年ぶりとなるアルバム『more...』をリリースする。ぎっしり詰まったスケジュールに、

「今回、奇跡的に日本に来られたので頑張らないと、と思って。隔離期間が終わってから韓国にいるときにずっと食べたかった、つけ麺とカレーを食べました。あと、いちばんやりたかったライブも。リモートでのライブとはまったく違いますね。ソンジェと“やっぱり、いいね”って話しました。でも、最初のステージは、ファンのみなさんもどう反応していいかわからなかったみたいで。無言だし拍手もなかったので、お互いにすごく気まずい雰囲気になってしまって(笑)」

きっと、死ぬまで自分に満足できない

ユナク from SUPERNOVA(超新星)/(撮影/伊藤和幸)

 日本のステージに立つことができなかった2年で、より応援してくれるファンを大切にしたいという気持ちが強くなったという。そんな彼の歌声を待ちわびていた人に贈るニューアルバムのタイトル『more...』には、もっと成長したい、もっと歌いたい、もっと思いを伝えたいというユナクの気持ちが込められている。

たぶん僕は、死ぬまで自分に満足できずに過ごすと思います。韓国でデビューして15年たちますが、何も変わりません。生まれつきの性格じゃないかな。疲れる人生を歩んでいますね(笑)。本当は、このアルバムを1年前にリリースする予定でした。でも、コロナ禍ということもあって、このタイミングに。そのぶん、曲作りにもレコーディングにも時間をかけることができてよかったのかなと思っています」